covacova.

covacova.

3

木でできた家具や食器って木目が綺麗だったり、どこか温もりがあって好きなんですよね。

使えば使うほど味も出てくるし経年変化も楽しめる。

そんなお気に入りの木製アイテム達を長く使うために、このワックスでお手入れしてみましたよ。

木にツヤと表情が生まれる

カルナバワックス

FEDECA(フェデカ) 「カルナバワックス」 1,100円(税込)

そのワックスとは、FEDECA(フェデカ)の「カルナバワックス」。

木製品に塗るために最適に配合された天然成分100%のワックスで、木製品や皮革の仕上げなどにも使われる亜麻仁油がブレンドされているのがポイント。

こいつを塗り込むことで艶が出て木目が美しく浮きだってくるので、より深みのある木独特の表情が出てくるんです。

カルナバワックスを塗る前と塗った後の木

特に無垢の木に塗り込んでやるとその違いがはっきり出ます。

左がワックスを塗ってない面で、右が塗って1時間ほど経過した面。

木目がはっきりと出てきて、ムラのない深みのある良い感じの色になりました。

よくのびてベタベタしない

カルナバワックスを塗ったスプーンを触る男性

木に塗るワックスでは蜜蝋がよく知られていますが、それに比べてカルナバワックスに使われているカルナバ蝋は融点が高いそうです。

そのため、融点の低い蜜蝋と比べて塗った後のベタつき感がほとんどありません。

過去に蜜蝋を使ったことがありますが、確かにカルナバワックスの方がサラサラしているなと感じました。

早く使い切るのが賢明

カルナバワックス

カルナバワックスはよくのびてくれるので、いろんな木のアイテムに塗り込んでもなかなか減らないんですよね。

なのに、いったん開けて空気に触れてしまうと表面が硬くなりやすいんだそう……。

硬くなってしまったところは使えなくなるので早めに使い切るのが良さそうです。

外敵から守ってくれる

木のマグカップを拭く

水滴がついた木のマグカップ

これから湿気が多くなってくる季節。

カルナバワックスを塗っておけば表面に膜を作ってくれて、亜麻仁油は中に浸透することで撥水効果も得ることができます。

湿気や水気が苦手な木製製品を、外敵から守ってくれる心強いワックスなんです。

登山やキャンプでも、食器などは木製アイテムが多いですよね。

これから計画している人は、アイテムチェックのついでにお手入れもしてあげちゃってください。

FEDECA(フェデカ)カルナバワックス

あわせて読みたい:


covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking