門岡 明弥

門岡 明弥

2

家でコーヒーを淹れてみたいけど、何から揃えていいかわからない!

そんな方にオススメな、オールインワンでポータブルなコーヒーメーカーを見つけちゃいました。

必要なもの、全部ひとつに

SoloCano」は、グラインダー・フィルター・モーター・ケトル・タンブラーがひとつになったポータブルコーヒーメーカー。

1つずつ道具を揃えるのは大変だから、それらすべてがまとまっているのはとてもありがたいところ。

挽き方は電動・手動を切り替えることができ、極細挽き〜極粗挽きの6段階で調整することも可能です。

僕は手挽きでコーヒーを淹れていますが、時間がないときは「電動だとすぐ挽けるのにな〜」と思うことも。

その点、これ1台で電動・手動の二刀流なのは魅力的です。

使い方はシンプル

まずグラインダーを外し、豆を入れます。そしたらボタンを押して豆を挽き、お湯を注げばOK!

電動ミルはUSB充電で使える(※フル充電でコーヒー約12杯分)ので、できるだけ荷物を減らしたいアウトドアシーンでも活躍してくれます。

ただ、付属のケトルではお湯を沸かすことができないので、別でお湯を沸かす必要がある点は惜しい……。

ペーパーフィルターは不要です。二重層フィルターによって、旨みもしっかり抽出してくれます。

フィルターは水洗いできるので、手入れもかんたん。

手挽きで楽しみたい場合は、付属のハンドミルを使いましょう。

温度を7時間キープ

タンブラーの容量は475mlと大容量なのも嬉しいポイント。

また、二重壁真空断熱材のおかげで、最長7時間に渡って飲み物の温度をキープしてくれます。熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいままに。

そのうえ丈夫かつ耐食性が高いグレード316ステンレス鋼も使用されているため、長く使うことを考えても◎です。

今回紹介した「SoloCano」は、クラウドファンディングサイトmachi-yaにて13,884円(税・送料込)から支援を募集しています。

いっそのことコーヒーを始めるならひとつひとつ道具を集めるより、こんなアイテムを使ってみるのもアリかも……。

もう挽き立てしか飲めない。ミル付きポータブルコーヒーメーカー「SoloCano」[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking