ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

1

ギズモード・ジャパンより転載。

最近よく聞く、Chrome OSを搭載したPC「Chromebook(クロームブック)」

長らくWindowsとMacがシェアを占有してきたOS界ですが、このChromebookは、2021年には国内販売の20%を占めるのではとの声もあるくらい、今勢いのあるPCなんです。特に教育シーンとの相性がいいことから、学校でたくさん使われているのだそう。

今までのPCとは一線を画す、その魅力に迫ります。

現代人向きの使い勝手


chromebookとは、一言で言うとPCブラウザが動くAndroidマシーン

十分使い慣れたAndroidのユーザビリティを保ちながらも、ブラウザはPC仕様なのが特徴です。

そもそもChrome OSはブラウザでの使用を念頭に置いたOS。メールのやり取りやOffice系ファイルもブラウザ上で完結することが多い最近のニーズとも相性がいいんです。

また、Chrome OSでAndroidアプリを使うこともできます
アプリの互換性は完璧ではない部分もあるものの、Androidタブレットの代用としても遜色ないでしょう。

Chromebookのいいところ

①安い!

ハード面においても安いもので充分使いこなすことができます。低価格のChromebookでも、同じCPUを搭載したWindows PCで我慢していた部分も難なく使いこなせます。

エントリーモデルでは~3万円、ミドルクラスなら~5万円、ハイエンドでも~10万円で購入できますよ。

②クラウドがメインである

たとえ本体のストレージが少なくても、クラウドにデータが保存されていくので意外と問題ないうえに、PCを紛失した際も簡単に引継ぎができます。

ただし、利用には数点注意しなければならない点も……。

①ネットワークが命綱

Chromebookは、ネットワーク環境を前提としていますが、オフラインで動かせる部分はかなり限られてきます。

②スマホ向けアプリしか使えない

クリエイター向けアプリが使えなかったり、マルチタスクに不向きなインターフェースだったりと、ところどころ使いづらさが目立ちます。

③ハードの拡張性が弱い

これはマウスやマイクの機能をフル活用したいという人には物足りない部分ですね。

というわけで、このChromebook、おすすめなのはこんなひと。

1. Windows/Macに使い慣れていない人
2. Webサービスしか使わない人
3. Windows/Macユーザーでもサブ機を求めてる人(タブレットとしても!)。

2021年はこの新世代OSがPC業界を席巻していきそう……そんな声が上がるのも納得な使い心地でした。

ギズモード・ジャパンのYouTubeチャンネルはこちらから。チャンネル登録もよろしくお願いします!

Source: ギズモード・ジャパン「【解説】クロームブックがMac超えなんて嘘だろ…。3万円でもサクサク動く『Chrome OS』って何なの?」

Image: Shutterstock

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking