SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

5

アウトドアの必需品・コップ。

登山やキャンプをはじめるにあたって、どれを買おうか迷いますが、できれば1gでも荷物を軽くコンパクトにしたい!

薄く折りたためる軽量なカップ

Wildo fold-a-cup

Wildo「fold-a-cup」600円(税別)

そんな希望を叶えてくれたのが、スウェーデン発の機能的なカトラリーブランドWildo(ウィルドゥ)の「fold-a-cup(フォールダーカップ)」。

軽量かつコンパクトな樹脂製のコップです。

Wildo fold-a-cup

TPE(熱可塑性エラストマー)というゴムのような弾力性のある素材を使用しているため、手で簡単に折りたたむことが可能!

こんなふうに……、

Wildo fold-a-cup

厚さ2.9cmと約半分のサイズに変身。

重量もわずか25gと超軽量なので、UL=ウルトラライトを追求したい登山やトレランなどで近年人気なんです。

使いやすい容量と耐熱性

Wildo fold-a-cup

容量はすりきり250mlで、一般的なコーヒーや紅茶(150〜200ml)にベストなサイズ。

Wildo fold-a-cup

耐熱温度は125度まで。

直火にかけることはできませんが、あたたかい飲み物をいれるのには十分な耐熱性です。

Wildo fold-a-cup

一見掴みにくそうに見える取っ手ですが、持ってみると意外としっかり

特に使いにくさを感じることもありません。

Wildo fold-a-cup

また、匂いがつきにくく、さっと水で洗いやすいのも気に入っているポイントです。

ヒモを付けてカスタマイズ

Wildo fold-a-cup

やわらかいので容易に貫通できます

ひとつ不満点をあげるとすれば、ぶら下げるための穴などが一切ないこと

なので、千枚通しを使って自分で穴を開けてみました。

Wildo fold-a-cup

くくり方はダブルフィッシャーマンズノットがおすすめ

開けた穴に1〜2mmの細引きヒモを取り付けるだけで完成。

Wildo fold-a-cup

こうすることでザックなどにぶら下げて持ち歩くこともできますし、コップを乾かすときにも便利になりました!

カラバリ豊富で選ぶのが楽しい

Wildo fold-a-cup

今回紹介したライムレッド以外にも、さまざまなカラーバリエーションが展開されているそう。

人気ゆえに、入手困難なものもあるのだとか……。

Wildo fold-a-cup

家族で色違いにしたり、気分によって使い分けるなんてのも楽しそう。

価格も手頃なので、ちょっとしたプレゼントにもいいですね。

Wildo fold-a-cup

丈夫で軽くコンパクトなfold-a-cupは、あらゆるアウトドアシーンで重宝すること間違いなし

軽量化にこだわるベテランの方はもちろん、これからアウトドアを始めたいという方にもおすすめできる逸品です。

fold-a-cup[Wildo]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking