田中 青紗

田中 青紗

10

自炊する機会が増え、そろそろ自分の味つけに飽きてきた……という声を聞くようになりました。

そんなとき、中川政七商店で「日本の食文化」を家で簡単に楽しめる食品を発見!

中川政七商店「ご飯のおともシリーズ」

中川政七商店「産地のごはんのとも」

中川政七商店「産地のごはんのとも」シリーズ 各540円(税込)

それが、中川政七商店「産地のごはんのとも」シリーズです。

「産地のごはんのとも」は、日本の郷土料理や食文化から考えた、白いごはんに合うおともが瓶に入っています。

現在、4種類が販売中。

・ごはんに合う梅と生姜の赤しそ漬け
・ごはんに合うなめ茸と焼にんにく
・ごはんに合うぼたんこしょう醤油漬け
・ごはんに合うけんさ焼き風生姜味噌

「ご飯のおとも」は実にさまざまな商品が販売されていますが、中川政七商店のものは、スーパーやコンビニではあまり見かけないフレーバーのものばかり!

名称に惹かれて、今回3種類試してみましたよ。

日本の食文化が楽しめる

中川政七商店「産地のごはんのとも」

私が試したものは、時計回りに「けんさ焼き風生姜味噌」「なめ茸と焼にんにく」「梅と生姜の赤しそ漬け」です。

新潟県の郷土料理「けんさ焼き」をモチーフとした「けんさ焼き風生姜味噌」。戦国時代に上杉謙信が諸国を遠征したときに、剣の先におにぎりを刺して焼いて食べたことが由来とされているそう。

甘辛味噌で、後から生姜のピリッとした辛さと風味を感じられます。

中川政七商店「産地のごはんのとも」

「なめ茸と焼にんにく」と、「梅と生姜の赤しそ漬け」は公式ホームページに県名などは書かれていなかったんですが、国産のなめ茸と梅が使われており、日本に昔からある食文化を楽しめるフレーバーのようです。

「なめ茸と焼にんにく」は、にんにくの香りがしっかりと感じられ、なめ茸のシャキシャキ感が楽しめますよ。

「梅と生姜の赤しそ漬け」は、刻み生姜がたっぷりと入っており、梅干しが苦手な人でも食べやすい甘みのある酸味を感じました。

白ご飯に合う予感しかない

中川政七商店「産地のごはんのとも」

まずは「なめ茸と焼にんにく」からいただきます

早速、ホカホカのご飯にのせてみました。

中川政七商店「産地のごはんのとも」

はい、めちゃくちゃ合う……!

なめ茸の甘塩っぱい味が口いっぱいに広がりつつ、にんにくの香ばしい風味が後からしっかり効いてきます。

また、輪切り唐辛子と一味唐辛子を加えてピリ辛に仕上げており、ちょっとした辛さがさらに食欲をそそります。

ノーマルタイプのなめ茸よりも、満足感があるような気がしました。

中川政七商店「産地のごはんのとも」

続けて、「けんさ焼き風生姜味噌」です。

濃厚な甘辛味わいの後に、スパイシーな辛さがアクセントで、これもしっかり白ご飯に合います。

コクや旨味がある味噌なので、いろんなアレンジに使えそうです。

中川政七商店「産地のごはんのとも」

「梅と生姜の赤しそ漬け」は、梅と生姜がたっぷりと入っていますが、辛すぎることはなく、まろやかな味わいが特徴です。

ホカホカご飯とも十分に合いますが、ちらし寿司などとも相性が良さそう!

ご飯のちょっとしたおともなのに、一気に味付けのマンネリを解消してくれ、外でご飯を食べているような気分になりました。

アレンジも楽しめる

中川政七商店「産地のごはんのとも」

そのままおつまみとして食べたり、白ご飯と合わせて食べたりするのでも十分ですが、いろんなアレンジができるのも嬉しいポイント。

たとえば、「なめ茸と焼にんにく」は冷奴にトッピング

甘辛い濃厚な味は、お子様にも喜ばれそうな一品に。

中川政七商店「産地のごはんのとも」

「けんさ焼き風生姜味噌」は、厚揚げの表面に塗って、オーブントースターで焼いてみました。

厚揚げがボリューミーなおつまみに変身してお酒が進みます……!

今度は焼きおにぎりにしてチャレンジしてみたいです。

中川政七商店「産地のごはんのとも」

「梅と生姜の赤しそ漬け」は、きゅうりを合わせて簡単なおつまみに

いつも同じような和え物になりがちでしたが、これからの季節にぴったりな、さっぱりとした和え物ができました。

もう、これとご飯さえあればOK

中川政七商店「産地のごはんのとも」

一瓶500円台なので、ちょっとご飯のおともとしてはいいお値段がしますが、どれもコクと旨味があって、とてもおいしかったです。

おうちご飯が一気に、旅館での朝ごはん!?と思うような味わいに変身しました。

家で旅行気分を楽しみたい方におすすめです!

「産地のごはんのとも」

あわせて読みたい:


田中 青紗

フリーライター / エッセイスト。紅茶・読書・おやつの時間が大好き。noteではエッセイや短編小説を書いています。 https://note.com/tanakaasa_life

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking