ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

4

最近は、テレワーク一日中パソコンに張り付いて作業していることから、目の疲れが気になります。さらに頭痛や肩こりもひどくなった気が……。

思い切って、薬局のなかでも高価な目薬を試してみたところ、そのお値段にも納得の使い心地でしたよ。

瞳のターンオーバー!?

サンテ ボーティエ パッケージ

参天製薬のSante Beautéye(サンテ ボーティエ)は、なんと1,500円もする目薬。

この目薬の特徴は、「瞳のターンオーバー」を促進すること。

細胞には一定のサイクルで生まれ変わる機能があるのですが、目を酷使しすぎると、そのターンオーバー機能が低下するのだそう。

健康な瞳を保つために、この目薬にはターンオーバーを促す成分がたくさん入っているんです!

サンテ ボーティエ パッケージ 裏面

パッケージの後ろを見ると、普通の目薬とは違う感じがひしひしと……。

目を酷使している私には良さそうですが、果たして使い心地やいかに!

気になる使い心地は…

透明の「ムーンケア」タイプとピンク色の「コンタクト」タイプ

いくつかのタイプが販売されていますが、私は透明の「ムーンケア」タイプとピンク色の「コンタクト」タイプを購入してみました。

ムーンケアタイプは、使ってみるとかなりスーっと爽快感があって、目がぱっちり開く感じがします。

透明の「ムーンケア」タイプ

寝る前に使うことで、寝ている間に目に酸素が届きにくくなるダメージを和らげてくれるみたい。

確かに翌朝の目の開き方がかなり違う感じがありました、これは効いてるかも?

ピンク色の「コンタクト」タイプ

コンタクトタイプは、コンタクトをしたまま使えるタイプ。

ムーンケアのような「効いてる!」感はありませんが、日中乾燥を感じたときにこまめに使うことで、一日の目の疲れがかなり改善されたように感じました。

ピンク色の見た目がかわいくて、ついついポーチから出しちゃうな~!

香りが苦手な方は注意!

ピンク色の液体には気を付けて!

もはやコスメのような目薬ですが、色や香りがついてるものが苦手な方は注意。

ムーンケアの方は、ハーブの香りが鼻までつーんとくるので、すっきり感は得られるもののちょっと刺激的かも。

コンタクトタイプは香りはしませんが、ピンク色の液体が服についちゃったら…と思うと、少し怖いですね。

また今回紹介しなかったベーシックな「サンテ ボーティエ」は、ローズの香りがついてるんだそう。

なんとこのボトル、あの吉岡徳仁さんのデザインなんだそう!

香水瓶と並べても劣らない、透明感があって美しいボトルにため息……。

カチッと閉まるから安心して使えるのも好ポイント。

ふたを開ける画像

ふたを閉める画像

ふたのところに光が当たるとキラキラするのがお気に入りです。

ふたがキラキラしてかわいい

効果もバツグン、持ってるだけでテンションあがる目薬だ~!
参天製薬 Sante Beautéye(サンテ ボーティエ)

※本記事は2020年1月1日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by cinemachan

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking