門岡 明弥

門岡 明弥

5

家飲みが増えた最近。一番好きなのはクラフトビールだけど、次に好きなのがウイスキー。

家で飲むときはハイボールにすることがほとんどですが、オンライン飲みをするときなど、ゆっくりと過ごしたいときはロックで飲んでます。

そんなときにこだわりたいのが、グラスやタンブラー。たとえ同じウイスキーでも、注ぐものによって味わい方も変わってくると思うのです。

オーク製のタンブラー

そこで見つけたのが、オーク材で作られた「MIJMOJオークタンブラー」。

オークはウイスキーやワインの熟成樽に使用される木

オークに含まれるタンニン、ポリフェノールといった成分が独特の風味を付与し、味に深みと複雑さをもたらしてくれるのだとか。

注いで3分で香りが高まる

タンブラーに注いで、3分ほどで香りが高まるとのこと。

短時間で効果を得られる秘密は、樽と違ってウイスキーがオークに触れる面積が大きいという点。

そのうえタンブラー自体がオークのため、飲み口からもダイレクトにオークの香りを感じることができます。

実際どんな味わいになるのか、いつものグラスと飲み比べしてみたい……。

末永く、晩酌のお供に

MIJMOJオークタンブラー」は側面5mm、底面30mmの丈夫な作りで、ガラスや鉄と比べて断熱性が高いことも特徴。

そのため結露しづらく、手の熱が中身に影響しにくいなどのメリットがあります。

もちろんガラスと違って割れる心配もないので、末永く晩酌のお供として活躍してくれるでしょう。

今回紹介したタンブラーは、クラウドファンディングサイト・machi-yaにて9,990円(税・送料込)から支援を募集しています。

約1万円で買えるなら、1つ持っておきたいかもな……。

割れないから、アウトドアシーンでも活躍してくれそうですね!

MIJMOJオークタンブラー[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking