門岡 明弥

門岡 明弥

大きいスマホ、片手で持ちづらいですよね。

それに片手で持とうとすると小指にスマホを乗せることになるから、指を痛めそうで嫌だし……。

そんなストレスを軽減してくれるスマホリング、ありました。

本体とケースの間に挟むスマホリング

SYANTO Vリング」は、スマホ本体とケースの間に挟んで装着するタイプのスマホリングです。

小指で保持することによるスマホの落下リスクを低減

シートタイプのため、一般的なスマホリングと比べて保持性・操作性・コンパクト性にも優れるとのこと。

シートをスマホの底面に装着することによって、スマホを手全体で支えて持つことができます。

それによってスマホの落下防止だけでなく、姿勢の悪化も改善してくれるのだとか!

姿勢がよくなる秘密

SYANTO Vリング」を使うと、支点がスマホの底部となるため、自然と画面の角度が垂直に近づくそう。

それによって姿勢も起き、首も真っ直ぐに。

従来のスマホリングは人差し指で握って持たなければならなかったけど、これは小指にリングを通して持つというところもポイント

小指は背中・肩甲骨等の体幹と連動しているため、小指を使うことでスマホやタブレットをより軽く感じられるようになるみたいです。

スマホに関するストレスが軽減しそう

今回紹介した「SYANTO Vリング」は、クラウドファンディングサイト・machi-yaにて1,913円(税・送料込)から支援を募集中

スマホの見過ぎで姿勢が悪くなってしまった方や、肩こりが酷くなってしまった方は、試しに使ってみるといいかもしれませんね。

毎日使うものだからこそ、ちょっとしたストレスを削ってくれるアイテムを取り入れることで、結果的にストレスの総量を大きく減らすことができる気がします。

SYANTO Vリング[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking