ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

多くの方があまりこだわらないであろう、髪を拭くタオル

しかし、ちょっとグレードアップさせるだけで、億劫だったドライヤー時間も短時間で済ませられるんです。そんな毛量多い民の救世主的タオルを、美容師さんに教えていただきました!

髪への負担も軽減されていいこと尽くしなうえに、サイズ感も魅力的でしたよ。

重さ約半分のフワフワタオル

浅野撚糸 エアーかおる プリンセス エニータイム

浅野撚糸 エアーかおる プリンセス エニータイム 2,200円(税込)

それが、「エアーかおる プリンセス」です。こちらは、浅野撚糸という糸を作る会社が5年もの歳月をかけて作り出した撚糸「スーパーZERO®」でつくられたタオル。

触り心地は、フワフワしっとり。「スーパーZERO®」は空気がたくさん含まれた糸なのだそう。

そのため、ボリュームがあるのに重さは普通のタオルのなんと約半分。見た目より軽いタオルです。

一番の魅力は抜群の吸水力

鏡前で軽く吹いている画像

ホームページによると、「一般的なタオルと比べて吸水力が50%向上」とのこと。

実際にシャンプー後に使ってみると、軽く拭くだけでどんどん水分を吸収してくれました。

普段は、シャンプー後すぐにドライヤーをすると時間がかかって大変なので、1時間くらい自然乾燥させた後にドライヤーをしていますが……

鏡前でドライヤ―している画像

「エアーかおる プリンセス」を使うと、自然乾燥をせずすぐにドライヤーをかけても、まるで1時間自然乾燥した後かのように乾きました。これはとっても楽!

家事の時短にも貢献してくれます

バスタオルに重ねた画像

バスタオルに重ねた様子。下敷きになっているのがバスタオル、上に重なっているのが「プリンセス エニータイム」

「エアーかおる プリンセス」にはさまざまなサイズがあります。

この「エニータイム」は長さはバスタオルと同じなのに……

フェイスタオルと並べた画像

フェイスタオルと並べた様子。上が一般的なフェイスタオル、下が「プリンセス エニータイム」

幅はフェイスタオルと同じなんです。

実はこれまで、たくさんのバスタオルを洗って干すのが面倒で、普段からあまりバスタオルを使っていませんでした。

でもこの「プリンセス エニータイム」なら、小さくても吸水力があるから、十分に体の水分を拭きとれます。

そして洗濯時はフェイスタオルの幅だけで済むから、ピンチハンガーでフェイスタオルと一緒に干せるという気軽さ。

使用感はバスタオル並みでもコンパクトで場所を取らない。いいとこ取りなタオルですね!

買う前に注意する点は…

フェイスタオルよりは長めのサイズ

「プリンセス エニータイム」は、フェイスタオルよりかなり長いので、シャンプー後、頭には巻きづらいです。頭に巻きたい人はフェイスタオルサイズの「プリンセス フェイスタオル」がいいかもしれませんね。

また、色味もネットで見るより薄く、アイスブルーはほぼライトグレーに近い印象でした。

肌や髪にやさしいこだわりの材料

オーガニックコットン素材

材料に使われているのは、オーガニックコットン

枯葉剤・除草剤・殺虫剤・化学肥料が一切使われず、すべて手摘み。さらに、オーガニック畑となって10年の畑での栽培というこだわりようです。日本アトピー協会推薦品認定なだけあって、赤ちゃんや、お肌の弱い人にも安心ですね。

毛羽落ちしにくいのも特長で、買ってすぐに使えるのも助かります。

美容師さんおすすめの理由がよくわかる!

パッケージとフェイスタオル

髪のことを考えると、自然乾燥もタオルでゴシゴシ拭くのも、長時間熱風を当てるのも、きっとよくないですね。

このタオルを使えば、優しく拭いてドライヤーも時短。髪にやさしく、自分も楽できるというわけです。さらに、小さいので洗濯もラクラク。

こんな、普通の日をちょっといい気分にしてくれるタオル。春からの新生活に向けて揃えてみてはいかがですか。

プリンセス エニータイム[エアーかおる公式サイト]

※本記事は2020年3月7日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by haco

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking