田中 さやか

田中 さやか

32

甘いものが大好きで、仕事の合間や夜ご飯のあとにおやつの時間を設けています。

ですが、毎日おやつを食べていると気になるのがカロリー

低カロリーなおやつを取り入れることも多いですが、できれば満足感のあるおやつが食べたい

ドイツで主流!「クワルク」

「クワルク フレッシュチーズ」

「クワルク フレッシュチーズ」 12個入りで2,980円(税込)※amazon価格

そんな私が最近みつけた気になる食品「クワルク」

クワルクは、ドイツで親しまれているフレッシュチーズのこと。

ドイツでは、家族でゆっくりとした時間を過ごすために、夕食に「カルテスエッセン(=冷たい食事)」という、火を使わずに簡単に準備を済まして、食事を摂る文化があるんだそう。

ドイツのチーズ消費量の1/3を占めている「クワルク」は、ドイツの食文化の欠かせないものなんですって。

また、低カロリーで高たんぱくな点も魅力的。

100gで62kcal、たんぱく質を9.2gも含みつつ、脂質はなんと0kcalなんだとか!

気になるお味は?

「クワルク フレッシュチーズ」

クワルク初体験な筆者。

「ヨーグルト感覚のフレッシュチーズ」とのことで、一体どんな味なのか食べてみると……

「クワルク フレッシュチーズ」

お、これはプレーンヨーグルトの味

ヨーグルトらしい酸味と、とろりとした食感の後に、ほんのりとチーズのコクも感じました。

スプーンですくってそのまま食べられるので、おやつに、普段の食事に便利そうです。

パンケーキのトッピングに

「クワルク フレッシュチーズ」

さて、クワルクを使っておやつのアレンジに挑戦。

まずは、パンケーキのトッピングに。いつもなら生クリームやあんこをのせてしまうのですが……、

「クワルク フレッシュチーズ」

クワルクとの相性も抜群!

ほどよい酸味が生地の甘さとマッチし、すっきりとしたパンケーキが楽しめますよ。

このほか、フレンチトーストやスコーンなどにも合いそうです。

チーズケーキも簡単に完成!

「クワルク フレッシュチーズ」

公式ホームページにレシピが載っていた、チーズケーキ作りにもチャレンジ。

・明治クワルク フレッシュチーズ 1個(100g)
・コーンスターチ 大さじ1
・砂糖 大さじ1+1/2
・卵黄 1個
・レーズン 少々(※今回私は入れませんでした)

まず、クワルク1個と、コーンスターチ、砂糖を混ぜ合わせます。

「クワルク フレッシュチーズ」

卵黄を加えてさらに混ぜ、耐熱容器に入れてオーブントースターの最高温度(目安1000W)で20分程焼いていきましょう。

真ん中が膨らみ、焼き色がついたら完成です!

「クワルク フレッシュチーズ」

今回ちょっと表面が焦げてしまったのですが(アルミホイルを被せると◎)、あっというまにチーズケーキが完成してびっくり!

食べてみると、生地がしっとりしつつ濃厚で、チーズケーキ特有の酸味もあり美味しかったです。

満足感のあるおやつがヘルシーにできてうれしいなぁ。

売っているお店が少ないかも

「クワルク フレッシュチーズ」

今回私はAmazonで注文したのですが、スーパーやコンビニではなかなか見つけられませんでした

フレッシュチーズのほかに、「フレッシュチーズ&4種のピクルス」「フレッシュチーズ&トマトバジル」と2種類にフレーバーがあるのですが、店頭で一度も見つけられず。

Amazonなどネットで購入するのが良いかもです。

ドレッシング代わりにも

「クワルク フレッシュチーズ」

また、おやつとして活用するだけではなく、食事メニューとしてもアレンジができます。

おすすめは、ドレッシング代わりとして。

クワルクにオリーブオイルとブラックペッパーをかけただけなんですが、これが野菜とよく合うんです。

温野菜とよく合います

オリーブオイルを入れることでよりマイルドな風味になり、ブラックペッパーがいいアクセントに。

野菜の甘みが酸味を中和し、レストランのようなドレッシングになりました!

「クワルク」で罪悪感のないおやつタイムを満喫

「クワルク フレッシュチーズ」

クワルクのおかげで、おやつタイムのレパートリーが広がり、罪悪感も少なくなりました。

また、そのままでも十分おいしいので、朝食や小腹が空いたとき、物足りない夕食の一品にも便利です。

ヨーグルトやチーズが好きな人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

あわせて読みたい:


田中 さやか

TV番組制作会社の勤務を経てライターに。主にグルメ・インタビュー記事を執筆しています。シンプルで可愛い雑貨が大好き。暮らしが便利になるアイテムをご紹介します♪

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking