Bon-Masu

Bon-Masu

12

私の住む地域ではイチゴ狩りとミカン狩りができます。

そういえば沖縄ではパイナップル狩りなんてのもあったなぁ。

みなさんは、「〇〇狩り」はお好きですか?

この冬、私は自宅のリビングでシイタケ狩りを楽しみました。

シイタケ栽培キット

冬はあまり魚も釣れないし、年齢的に寒さはこたえるしで、釣りに行く機会が減りました。

そんな同級生釣り仲間の間で、なぜかシイタケ栽培がブームに!

つられて私も、栽培キットを購入しました、おうちで完結する新しい楽しみです。

早速開けてみましょう

シイタケ栽培キット 【もりのしいたけ農園栽培容器付】 2,180円(税込み)

選んだのは、もりのしいたけ農園のしいたけ育成キット。

オガクズを固めた直径16cm、高さ20cmの円筒形が本体となる菌床です。

この菌床の中に、シイタケ菌が繁殖した状態で送られて来ます。

到着後、すぐに栽培をスタートできちゃうのがポイントです。

菌床だけを購入することも可能ですが、それは経験者向け。

初心者の私は、栽培ケースの付いたキットを注文しました、上下に別れるプラスチックの丸いのが栽培ケース。

頂点部分に穴があり、温度・湿度を保ちつつ、過湿を防いで、シイタケに良い感じの環境を作ってくれます。

ほぼ無臭なので、部屋の中で安心して育てることができます。

親切な説明書が付いてきますので、安心ですね。

栽培開始!

菌床を袋から出すと、すでにシイタケの芽のようなものがたくさん。

栽培ケースに水を張って、菌床を漬け、20分頃で取り出し、水を捨てたケースの真ん中に菌床を立てます。

温度20度程度が良いとのことなので、窓際や暖房の近くは避けて、リビング中央を置き場所にしました。

それでは、ケースのフタをして栽培開始です。

1日に2〜3回、スプレーで水分を補給してあげましょう。

ニョキニョキとしいたけが

少しだけ日光と風に当ててみる。大きくなるんだよー。

すぐにシイタケが成長をはじめます、この状態はちょっとグロテスクに感じる人もいるかもしれません。

2日経過するとかなりシイタケらしくなり、こうなるとカワイイ感じです。

びっしりと生えてきたら、間引きが必要です

6日経過したら、混み合っている部分を見つけては、少し間引きします。

間引きした小さいシイタケも美味しくいただけますよ。

間引きした小さいシイタケは、ソテーにすると20個は食べられちゃいますね。

たくさん収穫してたくさん味わう

3回に分けてシイタケ狩りをしました。

3回で合計55個の収穫に成功!

シンプルな食べ方が最高ですよ、シイタケを収穫して、すぐにストーブの上で焼いて、醤油をつける。

味は文句なし! 鮮度が抜群で身はぷりぷり! ぜひ食べて見てください!

唐辛子と生姜とオリーブオイルでアヒージョにしても良いし、パスタに絡めても良い。

私の釣り仲間では、食べきれなくて干しシイタケを作った人もいます。

収穫した後には

養分を消費したからでしょうか、菌床は少し小さくなりましたね。

収穫後は水分少なめで菌床を休ませるようにして、数週間後にまた同じようにシイタケが生えてきます。

現在は休眠中、上手く管理すると、3ラウンド収穫できるようです。

新しい菌床が欲しくなったら、今後は菌床のみを注文すれば、また最初から栽培できます。

注意点は2つ

早く収穫しないと、そろそろ胞子が飛びそうだ!

成長が止まったらしっかり収穫しましょう。

いつまでも収穫しないと、胞子を飛ばします。

あとはカビを発生させないようにしましょう。

具体的にはスプレーで水をかけたら、数十分間フタを開けたままにして過湿を防ぐこと。

間引きする際には、シイタケの茎の部分を残さないことです。

完成度の高い栽培キット

親切な説明書が付いて来るので、初心者も安心です。

どなたでも、初めてでも、おそらく失敗することはない育成キットでしょう。

家族と一緒にきのこの生態を調べながら栽培すれば、菌類への理解も深まりますし、シイタケ嫌いになることも減りそうですね。

「採って食べる」という楽しさを、ぜひ体験してほしいと思います。

なにかとても根源的な部分が刺激されている感じです、そして、食べ物を大切に思う気持ちも強くなりましたよ。

あわせて読みたい:


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking