ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

2

ついに、花粉が厄介な季節が到来

毎日鼻づまりやら目のかゆみやらで気持ちも落ち込みがちですよね。だけど気分転換にお散歩なんて、花粉症にとっては狂気の沙汰。

そんな花粉症の方にもオススメなのが、シュッとかけるだけで簡単にリフレッシュできるルームスプレー。今回はあのブランドのルームスプレーをご紹介します!

香りで空間を彩るルームスプレー

アロマティック ルームスプレー

イソップ「アロマティック ルームスプレー」6050円(税込)

それは、オーストラリア発のボタニカルスキンケアブランド・イソップの「アロマティック ルームスプレー」

2017年に発売されてから大人気のアイテムです。香りは3種類展開されています。

「オロウス」の香り

わたしは、3種の中でも、1番クセがなく使いやすいと評判の「オロウス」を愛用中。

「オロウス」は、グリーンとシトラス植物の香りが、シダーとカルダモンのアロマと繊細にマッチした癒しの1本。

暮らしに寄り添うイソップの香りの、さまざまな楽しみ方を紹介します。

テレワークのマンネリを打破! 香りでリフレッシュ

テレワークのリフレッシュに

テレワーク中、「誰かと雑談もできないし、もう飽きた!」と、突然集中力が切れてしまうことはないですか。

そこで活躍するのが今回のスプレーです。香りは五感の中でも唯一、直接脳に働きかけるため、短時間で気持ちを切り替えるのにぴったりと言えるでしょう。

部屋にシュッとかけるだけ!

集中力が切れたタイミングで、2~3プッシュ「アロマティック ルームスプレー」を空間に吹きかけると、森林浴に来たかのような、爽やかなシダーな香りが広がります。

そこで気持ちがシャキッとするのですが、ずっとキリッとしたシダーの香りが続くと、また状況に飽きてきそうです。

しかし、このスプレーの特徴は香りが変化していくところ。

香りが変化するルームスプレー

時間が経つと共にグレープフルーツやベルガモット、ジャスミンのさっぱりした香りが複雑に絡み合い、空間に馴染んでいきます。

香り疲れしない自然な香りが約3時間ほど続くので、気づけば集中して効率的に仕事が捗っているはずですよ。

バスタイムを極上のスパタイムに

バスタイムでの使用もおすすめ

一番お気に入りの使い方は、バスタイムでの利用。

シャワーを出しながら使用

お風呂に入る少し前に、シャワーを出しながら浴室に「アロマティック ルームスプレー」を2~3プッシュ吹きかけておくと、香りの沸き立ちがすごいんです。

香りが倍以上感じられます

浴室で使用すると、他の部屋で使うときの3~5倍くらい香りをしっかりと感じるように思います。

一日がんばった自分へのご褒美にするのはもちろん、もしパートナーや家族が疲れているなと感じたら、サプライズ的に香りを演出してあげると喜ばれるかもしれません。

簡単&手軽に寝室を癒しの空間に

寝室での利用もおすすめ

良い香りに包まれて寝たいと、寝る前にアロマキャンドルを灯したり、デュフューザーをたく人は少なくないと思います。

キャンドルにはゆらめく火を眺めるという楽しみもありますが、寝る前に火を消さないといけないのが残念なポイント。

アロマキャンドルのように火の心配はいりません

火をつけたまま寝てしまうと大変なことにもなるので、手軽に時短で、良い香りに包まれながら寝たいという人は、ぜひルームスプレーも活用してみてください。

来客時に喜ばれる、トイレの香りづけに

来客用にトイレに置いておくのも!

来客時にゲストに喜ばれるのは、トイレにこのスプレーを置いておくこと。

なんとなくお邪魔したお家でお手洗いを借りると気を使うものですよね。消臭効果はないものの、このスプレーを置いておくと、ゲストが使用後にシュッとできるので喜ばれますよ。

生活感のないデザインも魅力

トイレの芳香剤の生活感のあるデザインが嫌だ……と感じていた人もぜひ。

以上、効率的に、気持ちの切り替えをはかってくれる「アロマティック ルームスプレー」の紹介でした。

いろんなシーンで使えるルームスプレー

いま愛用している1本が終わったら、他の2種の香りも楽しんでみたいと思います。ぜひ気になる香りをチェックしてみてくださいね。

イソップ 「オロウス アロマティック ルームスプレー」100ml

※本記事は2020年5月23日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by 浅田 よわ美

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking