ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

54

「テレワークが導入されて、早1年経つ」なんて方も多いのではないでしょうか?

1年もテレワークをしていると自然と環境もアイテムも揃っていくものだ、なんて思っていましたが、実際のところそう上手くはいきませんよね。

時間だけが経過する一方で、みんながどんな場所でどんなアイテムを使ってテレワークをしているのかが気になります。

ということで、連載「みんなの部屋」出演者にテレワーク環境とテレワーク中に手放せないものを聞いてみました。

安藤さんの場合

テレワークをしている場所はどこですか?

趣味を詰め込んだロフトスペースです。

ここで仕事をしても、好きな物に囲まれてる空間なので、ストレスなく作業ができます

スピーカーがあるので、好きな音楽を聴きながら仕事をしたり、疲れてきたらリクライニングソファーを倒して、少し寝っ転がったりしています(笑)。

テレワーク中に手放せないものは?

ARTWORKSTUDIのライト


Acme furnitureのペンケース


marshal kilburn2のスピーカー

ライトやペンケース、スピーカーなど、好きな空間に好きな物をたくさん詰め込んでいます。

これが自分のこだわってる部分であり、ストレスを溜め込まない仕事環境場に自然となっていますね。

安藤さんのお部屋はこちらから↓

リサノさんの場合

テレワークをしている場所はどこですか?

最近は出社が続いているのですが、家で作業する場合はリビングダイニングで作業をしています。

ちなみにちらっと見えるカーテンは、部屋と部屋の区切りとしてではなく、「オンライン会議のときの背景」として役割を果たしているとのこと。

テレワーク中に手放せないものは?

APOTHEKE FREGRNCEのお香


Lisnのお香


foretmentのパロサント

香り系のアイテムですね。私が使っているのは、お香やパロサントなのですが、気持ちを落ち着かせたり、集中力を高めてくれたりする気がして気に入ってます。朝にお香を焚くのが習慣になると、お香を焚くことで仕事モードに切り替わるようになってきました

特に気に入っているのは、「APOTHEKE FREGRNCE」のお香、「Lisn」のお香、「foretment」のパロサント。リモートワークだと一日中景色が変わらないので、匂いを変えることで気分転換ができるお香はオススメです。ちなみに、お香用に使える可愛い灰皿や受け皿を探すのにもハマってます。

リサノさんのお部屋はコチラから↓

高橋ご夫婦の場合

テレワークをしている場所はどこですか?

1Fのワークスペース

ワークスペースは家を建てる際に絶対に欲しいと思い、建築家の先生に依頼して設計してもらったという高橋さんご夫婦。

当初2箇所に作る予定はなかったとのことですが、自分たちのパソコン作業や子どもの勉強、ミシンなど、家族が使い分けられるようにと考えた結果、最終的に2箇所になったんだそう。

1階ワークスペースは雰囲気を重視。モルタル床やペンダントライトでカフェ感を演出しています。カフェで作業するような“非お家感”が好きなんですよね。

2Fのワークスペース


2Fのワークスペース

2階ワークスペースは機能性を重視。デスクがかなり広いのでPC周辺機器を周りに置いてもごちゃつきません。ストレスフリーなワークスペースで仕事がはかどっています。

来年には子どもが小学校に入学するため、ランドセル置き場や宿題のしやすい環境等を作っていきたいと考えています。

テレワーク中に手放せないものは?

亮吾さんセット

MacBook Pro、イヤホン、JINSのブルーライトカットメガネ、マグカップです。

飲み物はカフェラテもしくはコーラを入れて飲んでいます。(亮吾さん)

萌さんセット

2Fワークスペースに置いているFargoの電源タップ

MacBook Air、ブルーライトカットメガネ、マグカップですね。コーヒーとおやつは欠かせません(笑)!

ちなみに、ブルーライトカットメガネはCiqiの「NATALIE Black」なのですが、とてもかわいくてお気に入りです。

あとは、2Fワークスペースに置いているFargoの電源タップも欠かせませんね。(萌さん)

高橋さんご家族のお部屋はこちらから↓

ROOMIE編集部のテレワークアイテムはIGTVでチェック!

ちなみに、ROOMIE編集部員のテレワーク中に手放せないものは、ROOMIE公式InstagramのIGTV投稿にてご覧いただけます。

日々、テレワークをするROOMIE編集部員たちが愛用しているアイテムについて気になる方はぜひご覧くださいね。

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking