小池田

小池田

18

本を読んだり、ちょっと仕事をしたり。

寝る前の時間、電気をつけるほどではないけれど小さな灯りでゆっくり過ごしたいと感じるときがあります。

でも電気スタンドじゃなんだか味気ないし、できればいろんな場所で使いたいし。

クラシカルでシンプルなランタン


BALMUDA The Lantern 13800円(税別)

じゃあランタンはどうだろう?と思いつき、購入したのがBALMUDA The Lantern

家の中での使用がメインなのでアウトドアっぽくないシンプルなデザインに惹かれ、セレクト。

ブラック・ホワイト・グレー(オンラインストア限定)の3色があり、悩みに悩み、グレーをGETしました。

この絶妙なグレーとマットな質感がたまらない……。

サイズは幅11cm×奥行10.3cm×高さ24.8cmで、実際に手にとってみると想像していたよりコンパクト。

重さは約630gと持ち運びには困らないほどですが、やや重量感があるように感じました。

3種の灯りをシーンにあわせて

魅力はなんといっても、この絶妙な灯り。

灯りがゆらめいている様子

まるでキャンドルのようにゆらゆらと揺らめく灯りは眺めているだけで落ち着いて、リラックスしたいときにぴったり。

暖色の灯りはベッドサイドに置いてもまぶしすぎず、ちょうどいい!

常夜灯にもおすすめなのだとか。

かと思えば、しっかり照らしてくれる温白色の灯りも。

読書灯にも使えるほど十分な明るさがあり、なかなか頼もしい存在です。

ちなみに無段階調光で、ちょっとだけ暗く・明るくといった微妙な調整ができるのも◎。

ツマミのなめらかさは、さすがBALMUDAといった使い心地。

充電式&防滴性能もあり

また、充電式バッテリーを内蔵しており約6時間の充電で3〜50時間(最大照度〜最小照度)の連続使用が可能だそう。

バッテリー充放電は約500回で、別売りの充電式バッテリー(1,800円+税)への交換が必要なのだとか。

交換はまだまだ先になりそうですが、ランニングコストはそこまで高くない……かな?

ちなみに生活防水レベルの防滴性能を備えているので、少量の雨や水しぶきがかかる分にはOK。

もちろんアウトドアでの使用も可能なので、機会があれば外でも使ってみたいなと思っています。

家じゅうで使いたくなるよ

家じゅう持ち運べて、シーンにあわせた光を楽しめるBALMUDA The Lantern。

BALMUDA製品のなかでは手に取りやすい価格なので、ギフトにもちょうどいいかも。

デスクや食卓、寝室など、どんな場所にもフィットしてくれること間違いなしですよ。

BALMUDA The Lantern[Amazon]

あわせて読みたい:


小池田

フリーランスの編集・ライター。喫茶店とアイドルが好きです

special

ROOMIEのキーカラー変更を機に、「グレー」にまつわるあれこれをご紹介。「グレー」は、汎用性に優れているカラーであることは認識の通り。そこで、私たちの暮らしの中に普通にあるグレーをあらためて考察してみました。みなさんにとってのグレーは、どんなイメージですか?

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking