osio

osio

12

防災グッズを準備しておいたほうがいいだろうな、と思えども、何から準備すれば良いのかなかなか見当が付かず。

いざという時、どこに片づけたかも分からなくなりそうだしなぁ……としばらく悩んでいたのですが、無印良品でこんなものを見つけました!

もしものために「備える」セット


いつものもしも備えるセット 5,490円(税込)

無印良品の防災セット、その名も「いつものもしもセット」

簡単に携帯できる「携帯セット」、旅行やお出かけにぴったりな「持ち出しセット」、もしものときにしっかり備える「備えるセット」の3種類が展開されています。

私はしっかり備えたかったので「備えるセット」を買ってみました!

しっかり備える15アイテム

箱の裏面には15アイテムが記載してありました。

誰が見ても「何が入っているか」が一目でわかるのは、地味にありがたいですよね。

実際に入っている中身はこんな感じです。

・繰り返し使える三層マスク
・救急絆
・除菌シート
・EVAケース
・ヘッドライト
・耳栓
・大判ボディシート
・撥水サコッシュ
・エマージェンシーシート
・長タオル
・携帯トイレ(3日分)
・軍手
・キャンドル
・いつものもしもハンカチ
・いつものもしもメモ

かゆい所に手が届くアイテムたち

私が特にありがたいな~と思ったのは「携帯トイレ」。

使いこなせるか不安でしたが、パッケージに丁寧な解説イラストが描いているので、もしもの時にも落ち着いて対処できそうです。

また、「ヘッドライト」には予備用も含めて、電池が2個付属していました。

何かあったときには予備の電池がないと不安なものですよね。
さすが無印、わかってらっしゃる。

本棚に置いてあっても自然

「備えるセット」は、雑誌より一回り大きいクラフトボックス。

見た目がごてごてしくないので、リビングの本棚に置いてあっても自然です。

箱の側面には「購入日」や「点検日」を記入する欄もあります。

非常食などをプラスで入れた際、ここに記入しておけば、ふとした折に忘れずメンテナンスできそう

備えるセットで「もしも」に備えよう

キャンプやアウトドアにも重宝する、無印良品の「備えるセット」。

個人的には「アイマスク」や「非常食」も準備しておけるとベストかなと思います。

箱の中にはわりと余裕があるので、必要なものは買い足して、一緒に入れておきましょう!

防災対策は気になるけどまだできていない……という方は、「備えるセット」から始めてみるのがおすすめです!

無印良品「いつものもしも備えるセット」[無印良品]

あわせて読みたい:


osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking