舟津カナ

舟津カナ

13

マスク着用の生活が自然になってきましたが、体を動かしているときの息苦しさはどうも苦手

「スポーツのときでも息がしやすいマスクはないかな~」と思い、探していたところ見つけたのがアウトドアリサーチの高機能マスクでした!

カラスのクチバシみたいなシェープ

アメリカのアウトドアブランド「アウトドアリサーチ」は、早い時期からマスクを販売しており、「フェイスマスクキット」は多くの人が愛用。

そんなブランドから、呼吸がしやすい「スポーツ向きマスク」として販売されたのがこの「アドレナリン・スポーツマスクキット」です。

立体的で、その人にピッタリ合うカタチに調節可能

一番の特徴はマスクが立体的なところ。それにより、装着しても口が布から離れ、マスクをしていないようにスムーズな呼吸が実現。

また、人の顔のカタチは千差万別で、なかなか自分にぴったり合うマスクを見つけるのは難しいですが、コレは鼻の部分にワイヤーがはいっており、自分の鼻のカタチに調節できます。

実際使用してみると…

早速、毎日の日課のウォーキングに使用してみたところ……ビックリするぐらい快適!

口がマスクに触れないだけでなく、素材の通気性もよく、まるでマスクをしていないような快適さ。

耳の部分も長さが簡単に変えられるため、長時間使用しても耳が痛くなることはありません。

後ろはフックで繋げられ、トレッキングや登山の水分補給時など、使用しないときはマスクを首に掛けられるから便利です。


口紅落ちなし! 洗濯も楽チン

女性はマスクで化粧落ちが気になりますが、これはマスクが口に全く触れないため、口紅が落ちません。

肌がマスクに当たる部分も少なく、ファンデーションの落ちも最小限な点は女性に嬉しい点です。

洗っても乾くのが早く、直接口や肌に当たる部分が少ないので汚れにくい点も◎。

ろ過力に不安な人は…

これだけ息がしやすいとちゃんとウイルスや細菌をブロックしているのか心配になってしまいますが……。

ご心配なかれ!コレには専用のフィルターを付けることが可能

本体には3枚付属していますが、別途フィルターだけでも購入できます。

ただし、専用フィルターはちょっと高めなので、私はモールやレストランなど人が多い場所に行くときは、今まで使用していた布マスクの耳部分をカットして、このマスクの中に入れて使用。

筆者が住むアメリカでは「マスクを2重にして使用するとコロナ予防になる」と発表され、2重にマスクを付けている人をよく見かけるようになりましたが、これは、マスクの中にマスクも入れらるため、2重でも見た目は通常のマスクのように見え、さらに、2重にしても口が布に触れることはないので、呼吸がしやすいのです。

残念な点:長時間つけていると鼻横に跡がついちゃう

鼻にワイヤーが入って調節がしやすい点は嬉しいのですが、長時間付けているとそのワイヤーの跡がついてしまいます。

痛くはなく少し時間を置けばその跡は取れますが、そこがちょっと気になるかな~。

サイズは大きめ

サイズはワンサイズ。顎まですっぽり入る設計なので、サイズは大きめ。

折り畳んでいるときは、さほど大きさは感じませんが、装着すると立体的になり、カラスのクチバシのように見えます。

それが「かっこよく見える」のか「ちょっと…」と思うのかは、人それぞれかもしれませんが、私は基本的に運動や人と多く話すとき(口が布から離れているため、しゃべりやすい)にコレを使用。買物などのときは普通のマスクを使用して、使い分けをしています。

現在は飛行に乗るときもマスク着用が必要になっていますが、以前乗った時はマスクをしたままだと呼吸がしにくく眠れず…。コレがあればマスクをしたままでもゆっくり寝れそうです。

アメリカでは3枚のフィルター付きで$29。1枚持っておくと何かと便利ですが、日本では正規販売はまだされておらず、並行輸入のみ。

また、マスク需要が高いのか並行輸入価格は6000円ほど。自転車通学や日常的に運動をする人にはおすすめですが、正規販売店A&Fで販売されることを期待したいですね。

Adrenaline Sports Face Mask Kit [アウトドアリサーチ]

あわせて読みたい:


舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking