きむ(ら)

きむ(ら)

24

持っていくものを取捨選択せずに、「とりあえず持ってけ精神」で詰め込んでも受け入れてくれるバックパック。いいですよね〜!

ただ、何も考えずに詰め込んでしまうと、取り出すときに中で物が迷子になってしまう事も……。

THE NORTH FACEの定番バックパック

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」 17,600円(税込)

そんなときに便利なのが、THE NORTH FACEの定番バックパックである「ホットショット クラシック」。

このバックパック26L容量の中型で、物を入れるところは2室に分かれていて。

更にその中にPCスリーブも込みで、合計11箇所の収納ポケットが用意されています。

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

加えて、側面には2つのドリンクホルダー。物を整理して入れておくには、これだけのポケットがあれば十分ですね。

収納はどんな感じ?

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

PCスリーブには15インチまでのパソコンとタブレットが入ります。

このサイズが入ればありがたいところです。

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

小物を入れておけるポケットもしっかりと作られており、場所によってはクッション性のある生地が使われています。

上の写真でスマホを入れているポケットはクッション性のある生地になっていますが、その横のポケットは普通の生地になっていたり。用途に合わせて使い分けができそうです。

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

デイジーチェーンも一列ついているので、すぐに使う小物であればここに取り付けておくこともできちゃいます。

カラビナを付けておくと利便性がアップしますね。

どっちがタイプか…

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

以前記事にしたのですが、グレゴリーの「DAY AND A HALF PACK」と、THE NORTH FACEのこのバックパックはサイズ感も似ているので、どちらを使うか迷います。

グレゴリーの方は1室の造りになっていて、PCスリーブと小さなポケットが1つあるものの、基本は1箇所にドカッとものを入れるタイプ。

これは使う人の好みが分かれるところだと思いますが、物を整理して入れたい人は細かい収納が充実しているTHE NORTH FACEのバックパックがおすすめです!

背負い心地はどうなの?

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

気になる背負い心地ですが、もちろん問題なし!

背中には全面にクッションが使われており、適度な硬さもあるため中にものをたっぷり入れていても背中にフィットしてくれます。

THE NORTH FACE 「ホットショット クラシック」

肩の部分は通気性とクッション性を備えた立体的な作りになっており、重い荷物を入れたときも安心です。

天気もよくなり出かける機会も増えるこれからの季節。THE NORTH FACEのバックパックがお出かけの相棒となってくれそうです。

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking