カマタユキコ

カマタユキコ

50

おうち時間が長くなって、「もう少しこだわりたいな」と思ったひとつが、コーヒー。

手間と味へのこだわりの間を取ると、ハンドドリップがちょうどよさそう。

キントーのコーヒーカラフェセットなら、失敗せずに初心者でも上手においしいコーヒーを淹れることができるんです。

ステンレスフィルターって最高じゃん

キントー SCSコーヒーカラフェセット 4cups
税込4,400円

いままでコーヒーを飲む機会は多かったのですが、「何となく」で楽しんできた感がありました。

フィルターだって適当なものを使っているし、どれを使ったらいいのかわからないというときに出会ったのが、キントーの「SCSコーヒーカラフェセット」です。

ボダムやケメックスなどを使ったこともありましたが、このセットで私が1番惹かれたのはステンレスフィルター

早速使ってみると、「え?こんなに簡単でいいのかな?」ってくらい簡単。まず紙のフィルターが必要ないのがうれしい。

ステンレスフィルターは旨味成分である油分をそのままドリップするので、豆本来の風味を保ったまま香り高いコーヒーに仕上がるのだとか。

カラフェにコーヒーが注がれていく様子も、じっくりと目で見て楽しむことができます。

ホルダーにポンっと置いてコーヒータイム

意外と便利なのがこのホルダー。コーヒー豆のメジャーカップとしてだけでなく、ブリュワースタンドとしても使うことができます。

特にスタンドとして使うことが多く、コーヒーを淹れた後にフィルターの置き場所に困るってときには、このスタンドにポンっと置くだけ

コーヒーの味はというと……。長年ペーパーフィルターを使ってきた私は「おお。こんなにも深い味わいになるとは!」と驚きました。

コーヒー豆にもよるとは思いますが、コーヒーオイルをダイレクトに抽出するからか酸味がやや強い印象。同じ豆を使っているのに、ペーパーフィルターのときとは味の変化を感じました。

お手入れも収納も簡単

不安だったフィルターのお手入れも、目に詰まることなくサッと汚れが落ちます

カラフェは耐熱ガラスなので、電子レンジ食器洗浄・乾燥機も使用可能となっていますが、ぶつけたら割れそうなくらい薄いので少し不安。

洗いやすい形状ではありますが、丁寧に扱う必要がありそうです。

カラフェとホルダー、ステンレスフィルターを重ねて棚に置いても、生活感を出すことなく、インテリアに馴染ませることができます。

出しっぱなしにできるデザインで、来客時にもすぐに素敵なおもてなしができそうです。

初心者こそ、スローなコーヒーを楽しむ

箱を開けて目に入ってきた「スローなコーヒーを楽しむために」の言葉。

いつものように何か作業をしながらコーヒーを飲むんじゃなくて、たまには何も考えず、ゆっくりコーヒーを楽しむのもいいんじゃないか、と思わせてくれました。

プレゼントとしても喜ばれそうなシンプルなパッケージなので、コーヒー好きの両親に贈ると喜んでくれるかも。

キントー SCSコーヒーカラフェセット[Amazon]

あわせて読みたい:


カマタユキコ

一日の大半を家の中で過ごすおうち大好き人間。webCMや企業PR動画の音楽制作をしながら、現在4歳と2歳の育児に奮闘中。Twitter/Instagram→@yukikoxkamata

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking