20210226_1

炭酸の働きによって血行を促進し、代謝アップに役立つといわれる「炭酸風呂」。炭酸温泉に行ったり、市販の入浴剤を買ったりしなくても、家で手軽に作れることをご存じでしょうか。「手作り炭酸風呂」を楽しむ際の注意点とあわせて「Diet Plus」からご紹介します。

必要なアイテムは2つだけ

手作り炭酸風呂」に必要なアイテムは、じつはたった2つ。料理好きの人なら家にあるかもしれない重曹クエン酸です。

作り方は、重曹を大さじ2杯クエン酸を大さじ1杯をお風呂に入れ、軽くかき混ぜるだけ。浴槽が広い場合は重曹とクエン酸をそれぞれ大さじ1杯分ずつ足すと、丁度良い量になります。

(「Diet Plus」より引用)

重曹とクエン酸はどちらも掃除に使えるため、「掃除用」のものならある……という人もいるかもしれません。残念ながら、デリケートな肌に触れるため、「掃除用」のものは入浴剤としてはNG必ず「食用」を使用してください。

気分が悪くなることも……忘れてはいけない2つのポイント

「手作り炭酸風呂」を楽しむ際は、入り方にも注意点があります。

ひとつは、作ったらすぐに入浴すること。重曹とクエン酸を混ぜて発生する炭酸ガスは、時間とともに薄くなるそう。体や髪を先に洗いたい人は、洗い終えてから炭酸風呂を作りましょう。

20210226_2

もうひとつ、気をつけたいのが「換気」です。

炭酸ガスが発生しますので、入浴の際は必ず換気をしましょう。入浴時間は20~30分程度にとどめ、37度くらいの低い温度で浸かるのもポイントです。

(「Diet Plus」より引用)

狭いバスルームに炭酸ガスが充満すると、酸素不足で気分が悪くなることがあります。必ず空気を入れ替えながら入浴してくださいね。

炭酸には古い角質を落とす効果もあるため、美肌作りにもパワーを発揮してくれるとのこと。寒暖の差が激しい春先、ぜひ「手作り炭酸風呂」で体をあたためて、ゆっくりリラックスしてみてください。

体が温まったらストレッチをどうぞ

Diet Plus

image via Shutterstock

Ranking