20210219-1

「食べてすぐ眠ると太る」とよく言われますが、一体なぜなのでしょうか。「Diet Plus」によると、その鍵を握るのは「成長ホルモン」。満腹状態での睡眠を避けたほうがいい理由や、体重維持に役立つ食事・睡眠のポイントをご紹介します。

満腹状態で眠ってはいけない理由

20210219_3

満腹状態で睡眠をとってはいけない理由。それは、満腹状態での睡眠が、成長ホルモンの分泌を妨げることが原因です。

睡眠時、特に熟睡時には成長ホルモンの分泌が盛んになります。成長ホルモンには新陳代謝促進や、エネルギー代謝のアップに効果が期待できます。代謝が良くなることで、エネルギー消費が促進されることからダイエット効果を期待することが可能です。

(「Diet Plus」より引用)

適正体重を維持するためには、成長ホルモンの分泌が欠かせません。しかし、食べ物が胃に蓄積されて胃が膨張している満腹状態で眠ると、この成長ホルモンの分泌が低下してしまいます。

その結果、エネルギーの消費効率が悪くなる、代謝が低下する、血液の流れや自律神経のバランスが乱れるなどして、ダイエットの効果が出にくくなるといいます。

熟睡に適した夕食タイムの目安は?

20210219_2

体重を落としたいときには、就寝時間から逆算して食事の時間を調整することが重要。目安はおよそ「3時間」です。

3時間あれば、寝る頃には胃や腸の消化・分解活動も落ちつき血糖値も正常の範囲内になっている頃なので、熟睡しやすくなり、睡眠によるダイエット効果を期待することができます。

(「Diet Plus」より引用)

 成長ホルモンの分泌が盛んになるのは、深夜0時~2時ごろ。この時間に熟睡できれば、成長ホルモンの分泌にはベストです。

体重の増加が気になるときは、食事量だけでなく、食事の時間帯や睡眠の質も見直してみるとよさそう。成長ホルモンの働きを味方につけて、自分にとって心地よい体をキープしていきましょう。

ダイエットを始める前に知りたい

Diet Plus

image via Shutterstock

Ranking