shutterstock_1696743151-1

──ライフハッカー[日本版]より転載

セルフライジング・フラワー(Self-rising flour:ベーキングパウダー入りの小麦粉/無糖のホットケーキミックス)」が、売っていないときに朗報です。

セルフライジング・フラワーの作り方

ijac7atsnpzltmxi1s8n-1

セルフライジング・フラワーは、とても簡単に自分で作れるのです。中力粉に、ベーキングパウダーと塩を少量混ぜただけなのですから。

自分でセルフライジング・フラワー(英語)を作るには、中力粉240ccに、ベーキングパウダー小さじ1と1/2、塩小さじ1/4を加えるだけでOKです。塩は、普通の食卓塩でかまいません。

これらの材料をボウルに入れて混ぜてから、作りたいレシピに従って使ってください。

セルフライジング・フラワーを使うレシピなら、水分を少し多めに加える必要があるかもしれません。(一般的なセルフライジング・フラワーは、たんぱく質含有量が低めの小麦粉を使っているため)

その点だけ注意しておけば、あとはうまくいきます。

イーストを使わないピザ生地を作る方法

shutterstock_1722716626-1-1

イーストがないけれど、どうしても手作りピザを作りたいというときは、セルフライジング・フラワーの出番です。

2つの材料を混ぜるだけのレシピ(英文)なら、手早く簡単に作れます。必要なのは、ギリシャ・ヨーグルトとセルフライジング・フラワーです。

この2つの材料で作るピザ生地のレシピはたくさんありますが、割合が少しずつ異なります。

私の経験からいうと、理想的な割合は、セルフライジング・フラワー360ccに対して、ギリシャ・ヨーグルト240ccです。この量なら、ラージサイズのピザ1枚を作るのに十分でしょう。(私はずっと、脂肪分ゼロのギリシャヨーグルトを使ってきましたが、低脂肪や高脂肪のものでもどうやら問題ないようです)

生地を作るときは、材料を混ぜ合わせてから、5分ほどこねましょう。生地が滑らかになってコシが出てきたら、材料の割合が適切で、こねも十分だということになります。

生地が準備できたら、ピザ用プレートに広げてピザソースを塗ってから、チーズや好きな具材を載せます。

そのプレートごと、260度に温めたオーブンに入れます。生地がきつね色になり、チーズがいい具合に溶けるまで焼きましょう。

私は以前、具材を載せる前に生地だけを数分間焼いていましたが、この工程は省いても大事には至りません。

ピザを焼くためのプレートは、穴の開いたもの(英文)を使っています。ピザストーンより安価でおすすめです。

興味をもたれた方は(ぜひ、使ってみていただきたいです)、この2つの材料でつくる生地で、ベーグル(英文)グリッシーニ(英文)も作ってみてくださいね。

Image: Shutterstock
Source: King Arthur Flour,allrecipes
Rachel Fairbank – Lifehacker US[原文
訳:浅野美抄子/ガリレオ

知っておくと便利! 料理の裏ワザ

ライフハッカー[日本版]

Ranking