ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

11

音楽が好きだと、レコードやCDが増えてしまいがち……。

せっかくの大好きなコレクションだから、こだわって収納したいですよね。

そこで今回は「みんなの部屋」の記事の中から、こだわりの「音楽部屋」をまとめてご紹介します。

今回は写真を中心にご紹介するので詳しく知りたい方は、ぜひ記事の方に飛んでみて下さいね。

壁の余白をお気に入りで埋めていく

音楽ユニットとして活動する蒼葉さん。

録音などの作業スペースにも使われるという部屋の一角にはレコードや雑誌が飾られています。

「この棚も、MIGRATORYのもの。

レコードが増えてきて、収納場所に悩んでいた時にちょうどよいなと思い購入しました」

この棚はレコードのジャケットが見えるので、ディスプレイとして部屋のアクセントにもなっていますね。

詳しくはコチラ↓

低い棚と高い棚を組み合わせる

一角がDJブースになっている濱岡さんのお家。

低めの棚の上をレコードプレーヤーなどの置き場にして、端には高い棚を組み合わせることで収納スペースを広げています。

詳しくはコチラ↓

いつだってパーティーできるよ!

CINRA, Inc.のディレクター・四位さんの部屋には、たくさんの機材とユニークなアイテムがぎゅっと並べられています。

ホームパーティへ集まった友人が持ってきたという“松ノ木ディスコマシーン”と名付けられたミラーボール。

アジアのクラブさながらの雰囲気を演出してくれる安っぽい光が、むしろいい感じです。

1つの場所に固めてCDやレコードを収納するのではなく、お気に入りのものは分散してディスプレイ

お気に入りが視界に入る部屋は、自然と前向きな気持ちになれそうです。

詳しくはコチラ↓

リビングでのリラックスタイムに

住宅街の一角にある、築90年の2階建ての古民家をシェアして暮らす宮地さんと谷口さん。

「音楽が好きで、映画を見ない時はレコードを聞いています。リビングに置いてあるレコードはほとんど僕が集めたものです。」

リビングにプレーヤーを設置しておけば、食事中やコーヒータイムなど、まったりしながら音楽を楽しむことができます。

友達が遊びに来たときに流しやすいのも◎。

詳しくはコチラ↓

統一感を持たせたオープン収納

量が多いからこそ、見せるように収納することでディスプレイの一部に。

「本当は今出している以上に入りきらない量のCDやレコードがあるのですが、現状のオープン収納では限度があるので出せるモノのみになっています。

9割くらいは主人ので、CDは約1,000枚、レコードは約700枚ぐらいでしょうか。ここは収納したモノとスペースを統一させることで、ゴチャゴチャして見えないよう工夫しています」(ヨコヤムヤムさん)

「収納スペースに合わせて調整はしたのですが、他のDJの方から比べるとかなり少ない方だと思いますね。ただ、それを考えると際限が無くなるので、これ以上増えることに関してはかなりの制約があります(笑)」(旦那さん)

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking