ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

24

家にいる時間が長いこの頃、コーヒーを飲む機会もずいぶんと増えました。

でもせっかくならインスタントじゃなくて、ちゃんと豆からコーヒーを淹れたいですよね。

今回はROOMIEで今月紹介したコーヒーアイテムの中から、特に反響のあったものをピックアップしてみました。

象印のお手入れ簡単なコーヒーメーカー

象印 コーヒーメーカー

「キッチンや食卓でずっと見ていたくなるデザイン」を追求した、象印「STAN.」シリーズのコーヒーメーカー。

横置きでスッキリ美しく、どんな部屋でもなじんでくれる一台です。

家電としての基本的な機能はもちろん、コーヒーメーカーにありがちな「お手入れ大変問題」も解決してくれる、とっても優秀なアイテムなんですよ。

、ジャグ(ガラス容器)とバスケットが一体に

このコーヒーメーカーは、ジャグ(ガラス容器)とバスケットが一体型になっているのがポイント。

バスケットにフィルターと粉を残したまま、コーヒーを注ぐこともできます。とてもシンプルな構造なので、日々のお手入れも簡単。

毎日使うアイテムだから、こうした「分かりやすさ」は嬉しいですよね。

給水タンク

もちろん給水タンクも取り外し可能! 毎日清潔に保つことができます。

また、本体内部にはカルキ初期除去率98%の「浄水フィルター」も付いています。おいしいコーヒーは水も重要。カルキ除去もできるのは安心ですね。

詳しくはこちら↓

電動・手動を切り替えられるHARIOのグラインダー

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」

こちらはHARIOの「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」。

もともとHARIOが販売していた手挽きのコーヒーミル「スマートG」に電動グラインダーを付けることで、手挽きミルとしても電動のミルとしても使えるようにしたもの。

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」を電動で使う

電動グラインダーはリチウムイオン蓄電池式。USBケーブルで充電でき、フル充電なら約60秒のサイクルで約25回使用することが可能です。

HARIO 「スマートG電動ハンディーコーヒーグラインダー」を手動で使う

時間に余裕があるときは、電動グラインダーの変わりにハンドルを取り付けてハンドミルとして使ったり。キャンプに持っていけば、挽きたてのコーヒーを楽しむことができますよ。

詳しくはこちら↓

あると便利! コーヒードリップ専用のスケール

HARIOの「V60ドリップスケール」

日本の耐熱ガラスメーカーHARIOの「V60ドリップスケール」。

マットな質感のブラックが、プロっぽくてかっこいいですよね。

HARIOの「V60ドリップスケール」

このスケールには、ハンドドリップでコーヒーをおいしく淹れるために必要な蒸らし時間・抽出時間と、豆の量・抽出量を同時に計測できる機能がついています。

左側のタイマー機能で時間を計り、右側のスケール機能で重さを量ります。

タッチパネルになっていて、文字の書いてるところに軽く触れるだけで電源がONになり、数字が表示されます。

ボタンを押すという感覚はないので、流れるように作業できますよ。

HARIOの「V60ドリップスケール」を手に乗せる

V60ドリップスケール」は、幅120×奥行190×高29mmと片手に収まるくらいコンパクトです。そして軽い!

2,000gまで量れるので、コーヒー以外の料理でも重宝しています。

記事では本格的なコーヒーの淹れ方もご紹介! ぜひ試してみてくださいね。

詳しくはこちら↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking