SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

16

肌寒い時期に欠かせないヒーターですが、電源に設置場所を左右されることもしばしば。

実は、カセットガスだけで使えるファンヒーターがあるんです。

これなら防災グッズとしても役立ちそうということで、さっそく購入してみました。

カセットガスでも超パワフル

Iwatani カセットガスファンヒーター

Iwatani「カセットガスファンヒーター “風暖”(KAZEDAN)」32,000円(税別)

カセットコンロで有名なIwataniの「風暖」は、カセットガスを燃料として使うカセットガスファンヒーター。

Iwatani カセットガスファンヒーター

電気も石油も一切必要なし。

コンビニやホームセンターなどで売っているカセットガスだけで使用できちゃいます。

Iwatani カセットガスファンヒーター

最大発熱量2.0kW(1,720kcal/h)という高出力で、小型の石油ファンヒーターにも引けを取らないほど。

6畳ぐらいの部屋であれば、メインの暖房器具としても使用可能です。

Iwatani カセットガスファンヒーター

重量は4.7kgと軽く、気軽に持ち運べるのが◎。

Iwatani カセットガスファンヒーター

わが家では、脱衣場やキッチンの足元などで使用するのに重宝しています。

内部で発電し、ファンを回す

Iwatani カセットガスファンヒーター

「本当にコンセントに繋がなくても温風が出るの?」と思った方も多いはず。

Iwatani カセットガスファンヒーター

なんでもカセットガスの燃焼熱を電気に変えてファンを回すという特許技術を使用しているそう。

点火後、約50秒ほどでファンが回り、温風が勢いよくふき出してきます。

Iwatani カセットガスファンヒーター

置き場所を選ばないだけでなく、電源コードがないぶん足元もスッキリ!

エアコンが効きにくい広い部屋では、近くに置いて補助暖房として使うのにも便利です。

5つの安全装置をチェック!

Iwatani カセットガスファンヒーター

風暖には、5つの安全装置が搭載されています。

さまざまな事故のリスクを軽減してくれる機能性の高さは、さすがIwataniといったところ。

●不完全燃焼防止装置
室内酸素濃度が低くなったとき、不完全燃焼をする前に、自動的にガスを遮断してヒーターを消火します。

●立消え安全装置
ご使用中に風などによって火が消えたときに、自動的にガスを遮断してヒーターからガスが漏れ出ることを防ぎます。

●転倒時消火装置
ヒーターが倒れたり、強い衝撃が加わったときに、自動的にガスを遮断してヒーターを消火します。

●圧力感知安全装置
カセットガスが過熱され容器内の圧力が異常上昇したときに、自動的にカセットガスが外れ、ガスの流れが止まり、ヒーターを消火します。

●温度過昇防止安全装置
点火しているにもかかわらずファンが回らないときに本体(特に上部)が熱くなり続けることを防止するため自動的にガスを遮断して消火します。

Iwatani公式サイトより引用



Iwatani カセットガスファンヒーター

ただし、一酸化炭素中毒などを防止するため定期的に換気をする必要はあります。

燃費はそこまで…

Iwatani カセットガスファンヒーター

カセットガス1本の連続燃焼時間は、標準モードで約1時間43分、弱モードで約2時間18分ほど。

(※気温20~25℃のとき、連続燃焼にてカセットガスを使い切るまでの実測値)

Iwatani カセットガスファンヒーター

わが家のようなトイレや脱衣所などでのスポット的な使い方なら、1本で1週間ぐらいはもつので燃費はそんなに気になりません。

とはいえメインの暖房器具としてガンガン使うには、少し割高かもしれません。

暖房としても、防災グッズとしても

Iwatani カセットガスファンヒーター

軽くコンパクトなので、常に10本ほどストックしています

内閣府では、南海トラフなど巨大地震対策として1週間分以上の家庭内備蓄を呼びかけていて、カセットコンロやカセットガスも地域で自活するための備えとして例示されているそう。

Iwatani カセットガスファンヒーター

寒い季節に万が一のことがあった場合、カセットコンロと同じ燃料が使えるのは心強い……。

暮らしのなかの暖房としても、防災グッズとしても活躍してくれるIwataniの風暖。ぜひチェックしてみてくださいね。

カセットガスファンヒーター “風暖”(KAZEDAN)[Iwatani]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking