ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

ルーミー編集部員がオススメの漫画をご紹介する企画、今回が第2弾!

今年の冬ごもりは漫画に映画、ドラマ、アニメと充実させましょう〜。

交わりがたい作品をあえて選んでみる

編集部員・岩澤のおすすめ作品

Image: Amazon

タイムラインを自分の好きなものだけで固められ、考えや嗜好をどんどん先鋭化させられる今だからこそ、「自分の人生を素直に生きていたら絶対に出会わなかったであろうコンテンツ」に価値を感じる今日このごろ。

アフロ田中」もそんな「交わりがたい作品」のひとつで、彼氏に勧められたことをきっかけになんとなく読んでみたのがはじまり。

女である私からするとこれは、ただ笑えるだけでなく「なるほど」と勉強になる、男ゴコロの教科書的な作品。

自分と立場が違うキャラクターの気持ちがわかるようになったらそれは、間違いなく名作と言っていいでしょう。

落ち込んだときのバイブル的存在

編集部員・小池田のおすすめ作品

Image: Amazon

十二支の動物憑きという奇妙な体質を持つ草摩家の一族と、そこに居候することになった女子高校生・本田透の交流を描いた少女漫画。

ファンタジーやコメディの要素もありつつ、少女漫画という括りでありながら恋愛だけではない人と人の“愛”の物語で、心の深いところにぐっと刺さります。

特に主人公である透くんの前向きでひたむきなところに勇気をもらえるので、落ち込んだときや後ろ向きになってしまいそうなとき読み返すバイブル的存在

アニメ化もされているので、時間がない方はそちらから入るのもおすすめ!

今日から真似したいズボラ飯が盛り沢山

編集部員・浅田のおすすめ作品

Image: Amazon

超ロングセラー漫画『孤独のグルメ』の久住昌之さん原作の、グルメ漫画。

単身赴任の夫を待つ主人公の花ちゃんが、毎回、自分でサクッと食べるために時短でズボラ飯をつくるのですが……、これがどれもおいしそう!

今日から真似できる手軽飯レシピが盛りだくさんで、おうち時間にピッタリのコミックスです。

会いたい旦那さんに会えなくて寂しそうにしている回もあり、会いたい人になかなか会えない今の状況にも被るため、思わず共感しちゃう場面も。

何より、主人公の花ちゃんがかわいすぎる! ぜひ共感しながら癒されて。

本物の試合を観ているかのような臨場感

編集部員・門岡のおすすめ作品

Image: Amazon

「ハリガネサービス」や「神様のバレー」、「バリボー!」。これまでバレーボール漫画にはちょっとずつ触れてきましたが、そんな中で最も心を動かされたのが「ハイキュー!」です。

特に試合の描写がものすごく繊細に描かれており、マンガなのにまるで本物の試合を観ているかのような臨場感には、ただただ圧倒されるばかり。

スパイクを打つ一瞬の爽快感や、ブロックに阻まれたときの焦燥感。そうして1点1点を争う中で勝利を知り、敗北を知る。主人公たちが成長していく過程は、涙なしには語れません。

また、いつもチームを支えてくれたマネージャーや、スタメンから外れてしまった3年生、部活を真剣にやらないときもあったけど、心からバレーボールが好きだったメンバーなど。試合に出て活躍するキャラクターだけでなく、きちんとひとりひとりにスポットライトが当たることも、本作の魅力のひとつ。

読むときは、厚手のハンカチを横に置いておくことをオススメします!

冬ごもりのお供は見つかりましたか?

最近ROOMIEではオススメの映像作品や漫画をご紹介していますが、冬ごもりのお供は見つかりましたか?

今回紹介した漫画はKindleでも読むことができるので、電子書籍派の方もぜひチェックしてみてください!

そろそろ冬も終わって春になりますね。まだまだ頻繁に出掛けたりできなさそうなので、わたしはもう少し家での時間を充実させたいと思います。

Photographed by 小池田

あわせて読みたい:

ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

special

いよいよルーミーにとって待望の冬が到来。寒いこの時期だからこそ、部屋にこもって身体をいたわったり、キレイになったり、精神的にも豊かになったり。そこで本特集では、ルーミーなりの「冬ごもり」を探求していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking