osio

osio

19

忙しい朝だからこそ、おいしいコーヒーが飲みたいもの。

でも「家電っぽい」デザインのコーヒーメーカーを、常時リビングに置いておくのはちょっとなぁ……と思い、なかなか購入に踏み切れずにいました。

そんなときに出会ったのが、象印のこれでした!

部屋になじむシンプルなデザイン


象印 コーヒーメーカー STAN. 10,000円(税込)(Amazonでの価格)

「キッチンや食卓でずっと見ていたくなるデザイン」を追求した、象印「STAN.」シリーズのコーヒーメーカー

横置きでスッキリ美しく、どんな部屋でも馴染んでくれる一台です。

家電としての基本的な機能はもちろん、コーヒーメーカーにありがちな「お手入れ大変問題」も解決してくれる、とっても優秀なアイテムなんですよ。

日々のお手入れが簡単

このコーヒーメーカーは、ジャグ(ガラス容器)とバスケットが一体型になっているのがポイント。

バスケットにフィルターと粉を残したまま、コーヒーを注ぐこともできます。

とてもシンプルな構造なので、日々のお手入れも簡単。
毎日使うアイテムだから、こうした「分かりやすさ」は嬉しいですよね。

もちろん給水タンクも取り外し可能! 毎日清潔に保つことができます。

また、本体内部にはカルキ初期除去率98%の「浄水フィルター」も付いています。おいしいコーヒーは水も重要。カルキ除去もできるのは安心です。

蒸らしの工程もばっちり!

では実際にコーヒーを淹れてみましょう。

コーヒーフィルターをセットしてから、計量スプーンで粉を計ります。

計量スプーン本体に「何杯入れればいいか」が書いてあるのも地味に助かるんですよね。

今回はマグカップ2杯分を淹れたかったので、すりきり2杯半をセット。

バスケットに軽く蓋をして、給水タンクに水を入れれば、準備完了です。
あとはスイッチを押すだけ!

本体上部からお湯が出ている様子、伝わりますでしょうか?

熱湯と蒸気の力で、最初にしっかりコーヒー粉全体を蒸らしてくれます。
しっかりめに聞こえる蒸気の音はご愛敬。

およそ5分程度で、マグカップ2杯分のコーヒーが淹れ終わりました!

このコーヒーメーカーには自動電源オフ機能がないので、淹れ終わったらなるべく早く電源を切ってあげてくださいね。

忙しい朝こそ一杯のコーヒーを

リビングに置いても違和感がない、スタイリッシュなデザインのコーヒーメーカー。

「STAN.」シリーズは他にも炊飯器や電動ポット、ホットプレートも出ているので、いつか揃えてみたいなあ。

デザインも味も手軽さも妥協しないコーヒーメーカー、買って正解な逸品でした!

ぜひチェックしてみてくださいね。

象印「STAN. コーヒーメーカー」[Amazon]

あわせて読みたい:


osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking