田中 さやか

田中 さやか

ちゃんと保湿ケアをしているのに、年中気になるお肌の乾燥

特に最近は口まわりの乾燥が気になり、いいスキンケアアイテムはないかと探していました。

「細胞レベルで潤う」オルビスユーシリーズとは?

オルビスユーシリーズ

オルビスユーシリーズ各種

そこで今回試してみたのが、以前から気になっていた「オルビスユーシリーズ」です。

オルビスユー ウォッシュ 1,980円(税込)
オルビスユー ローション 2,970円(税込)
オルビスユー モイスチャー 3,300円(税込)

オルビスユーシリーズは、@cosmeでベストコスメ65冠を受賞した人気のスキンケアシリーズ。

年齢肌の弱点に着目したエイジングケアコスメだそうで、なんでも細胞内部をしっかりとうるおいで満たすことで、ハリのある肌へと導いてくれるのだとか!

「細胞レベルで潤う」というコピーに前々から興味があり、「洗顔」「化粧水」「保湿液」のラインナップを試してみることにしました。

弾力ある泡の洗い心地がグッド

「オルビスユーシリーズ」

まずは洗顔から!

モロッコ溶岩クレイ(汚れを吸着する洗浄成分)が配合された洗顔料で、毛穴の汚れや皮脂などの顔曇り原因を一掃してくれるそうですが……。

「オルビスユーシリーズ」

顔と手を水かぬるま湯で素洗いしたあと、洗顔料を約1cmとり、泡立てていきます。

私は泡立てネットを使用したのですが、手のひらで泡立ててもOK。

「オルビスユーシリーズ」

モコモコと弾力の泡ができたら、顔にのせ肌の上で転がすように優しく洗います。

弾力のあるきめ細かい泡で、毛穴の奥深くの汚れまで掻き出してくれるのでは? と期待しながら洗顔。

すすいでみると、さっぱりはしているものの、つっぱり感はなく使いやすい洗顔だと感じました。

肌馴染みのいい化粧水

「オルビスユーシリーズ」

洗顔が終わったら化粧水(ローション)で保湿を。

「オルビスユーシリーズ」

化粧水は、とろっとしたテクスチャで、肌馴染みのよさにびっくり!

最初は「とろみがあるからちゃんと肌に馴染んでいくかな?」と不安でしたが、馴染ませた分だけお肌にぐんぐん浸透していく感じが◎。

ベタつかない保湿液

「オルビスユーシリーズ」

最後は、保湿液(モイスチャー)でお肌にフタを。

「オルビスユーシリーズ」

肌につけた瞬間はもっちりとした触り心地ですが、時間が経つとスフレのようなふわっとした触り心地になりビックリ。

ベタベタしないので、寝る前にも使いやすい~。

2週間使ってみて…

「オルビスユーシリーズ」

約2週間使用してみたところ、日中の乾燥を感じにくくなったような気がします。

以前よく感じていた「頰や口まわりが粉っぽくなってしまう」なんてこともなくなってうれしい……。

特に驚いたのが肌が全体的に白く柔らかくなったような気がする点。

ゴワゴワ感が消え、ふわっともっちりとした柔らかい触り心地になった肌が我ながら気持ちいい~。

これは引き続き使ってみたいと思いました! 

時短&手軽に乾燥肌対策が叶う

「オルビスユーシリーズ」

すべてが、無香料・無着色・アルコールフリー

オルビスユーシリーズは、スキンケア全体の時間が短縮できるのも大きな魅力。

いつもなら、化粧水→美容液→乳液→クリームの順で保湿をおこなっていたものの、今は化粧水→保湿液のみ

スキンケアがめんどくさいときでも、パパッと完了できちゃいます。

「オルビスユーシリーズ」

使い始めてから、日々のメイクのりもよくなった気がして個人的には大満足な「オルビスユーシリーズ」

手頃なトライアルキットもあるので、乾燥肌に悩んでいる人はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

あわせて読みたい:

田中 さやか

TV番組制作会社の勤務を経てライターに。主にグルメ・インタビュー記事を執筆しています。シンプルで可愛い雑貨が大好き。暮らしが便利になるアイテムをご紹介します♪

feature

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking