ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

まだ外は寒いけれど、ちょっとキャンプ気分が味わいたい!

そんな時、ロゴスの小さな岩塩プレートを発見したんです。

「これなら手軽に春のアウトドアに向けてシミュレーションができそう」と思って購入しましたが、あまりにも優秀すぎて今の時期から大活躍する予感。

ロゴスの岩塩プレート

ロゴス 岩塩プレート

ロゴス 岩塩プレート 759円(税込)

こちらは、ヒマラヤ産の天然岩塩をプレート状にカットしたもの。

岩塩を鉄板代わりに使うと遠赤外線でじっくりと熱が入って、うま〜い!ってことらしいです。

ロゴス 岩塩プレート 厚さ、サイズ
サイズは、13cm×7cm、厚みは1cmで重さは200g程度

小さいと思いましたが、このサイズ使ってみると、なかなか絶妙なサイズ感でした。

ロゴス 岩塩プレートをストーブの上に置く

昔ながらのストーブの上に置くと、冬ごもり感バツグン!

牛タンを焼く

ロゴス 岩塩プレートに牛タンを並べる

製品の袋に書いてあるおすすめ食材相性表によると、水分や油分の少ない食材が良いとのことで、一番におすすめされている牛タンを焼いてみました。

少し水分で出ることで岩塩が溶けて、いい感じの塩味が乗ってきます

ロゴス 岩塩プレートで牛タンを焼く

そのバランスが実にバツグン! ただ焼くだけで、極上のタン塩になります。

次々に焼くときは残った水分を拭きとるのがコツ。

塩味の調整になりますし、こんがり焼けます。

ロゴス 岩塩プレートの上で牛タンを2枚×3回焼いた後の焦げ
ちなみに、2枚づつ、計3回焼くとこんな感じ。

さすがに、6枚焼いたらプレート全体が焦げたので、そのぐらいで止めておきなさいってことですかね。

水分が出にくいものをじっくりと

ロゴス 岩塩プレートにブロッコリーを乗せる

野菜を焼くと水分が出て、岩塩が溶け出し、かなりの塩味が乗ってくるので、できるだけ水分が少ない食材をじっくり焼くのがおすすめです。

ロゴス 岩塩プレートの上にシイタケを乗せる

シイタケは美味しく焼けました。調味料不要なくらい!

水分の少なく、プレートが汚れない素材をちびちびと焼いていくのが良いと思います。

「丸干し芋」を焼くのが1番良い

干し芋載せるだけ

ちなみに、オススメは丸干し芋

表面はカリカリ中はネットリの仕上がりに、ほんの少し岩塩の塩味が加わります。

最高に美味しい食べ方

芋の甘味に、微かな塩味が加わるので極上なんです。

これはもう極上のスイーツと言っても良いですね。

予想外の美味しさになる「練り物」

練りもの載せただけ

そして、驚きの美味しさだったのが、かまぼこ、はんぺん類などの練り物

じっくりと表面が乾いて少しカリッとするように焼くと、バツグンの美味しさなので、家での晩酌が捗る食材です。

消耗品なんです

使って汚くなった部分は削って。

流水+無印良品の掃除用へらで手早く汚れ落とし

使った後で焦げを洗い落とすと、塩が溶け出して少しずつ小さくなっていきます。

1回洗うごとに5〜10g減る感じ

10回程度使ったら、お刺身を乗せて塩味を追加するお刺身皿にしたり、砕いて塩として使えば良いかなと。

持ち歩きには専用ケースがオススメ

ロゴス 「岩塩プレートケース」 1,600円(税別)
引用:Amazon

ちなみに、この岩塩プレートは、誤って割ってしまう人も多いようなので、持ち運びに注意が必要。

アウトドアで持っていく際は、専用のケースに入れていくのがいいかもしれませんね。

おうちで冬ごもりのお供にするもよし、暖かくなってからアウトドアの醍醐味にするもよし!なアイテムでした。

岩塩プレート [ロゴス]

※本記事は2020年1月18日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by Bon-Masu

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

special

いよいよルーミーにとって待望の冬が到来。寒いこの時期だからこそ、部屋にこもって身体をいたわったり、キレイになったり、精神的にも豊かになったり。そこで本特集では、ルーミーなりの「冬ごもり」を探求していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking