マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

40

ちょっとしたプレゼントでたまに頂くお茶の茶葉

とても嬉しいのに急須を持っていなくて、ずっと開封できずの状態に。

そろそろ我が家にも急須を迎えようと思ったのですが、洗い物が嫌いな私にとって茶こしってとてもストレスで。

フィルターからダイレクトに注げるティーポット

HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml

HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml 定価2,750円(税込)

洗い物に対するストレスをなくしたのが、HARIOの「フタなしティーポット」。

通常フタが付いている部分をよく見てみると、フィルターになっていて、ここから直接お茶が注げるようになっているというわけです。

そのため、茶こし部分がそのままフタになったような設計に。なんてスマートなんでしょう。

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml パッキン

フィルターにはパッキンがついているので、注ぐときにこぼれてしまう心配もありません。

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml 取っ手
 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml フィルターを本体にはめる

ちなみに、本体の素材は耐熱ガラスで、フィルターの素材はPCT樹脂。一見、全部ガラスのように見えますが、じつはフィルターだけプラスチックなんですね。まったく安っぽさはありません。

茶葉を入れる~洗うまでがラクチン

では、さっそくお茶を淹れます。適量の茶葉をサッと本体に入れ、数分。

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml でお茶を淹れる

このままダイレクトにマグカップやグラスに注いでいくのですが、フィルターがきめ細かいので茶葉は一切入りません

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700mlにくっついた茶葉

いざ飲み終わると、このように茶葉がガラスにべったり引っ付くのですが、洗うときもラクラク

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700mlにくっついた茶葉を水ですすぐ

フィルターの上から水を注いで、くっついた茶葉を落としていくだけ。

あとはしっかりティーポット全体を洗えばOK。ちょっとした手間がなくなるだけでこんなにラクになるとは!

ドリップ用サーバーとしても使える2way仕様

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700ml コーヒーのドリップ用サーバーとして使う

ちなみに、こちらフィルターを外せばドリップ用のサーバーとしても応用が可能

ドリッパーもぴったりはまるので、安定感も抜群。

私は、700mlのティーポットを選んだので、持っているサーバーより多い量のコーヒーをドリップする際にこの「フタなしティーポット」を使っています。

お茶もコーヒーももっと手軽に楽しめる

 HARIO(ハリオ)「フタなしティーポット」 クリア 700mlにお茶を淹れ、横にグラスを置く

未開封の茶葉たちが増え続けながら、洗い物の手間などを気にして、「すぐには必要ないかな」と思っていたティーポット。

そんな想いを見事に叶えてくれた「フタなしティーポット」のおかげで、これまでよりもずっとお茶や紅茶、コーヒーが手軽に楽しめるようになりました。

もっとはやく迎えればよかったと思うくらい満足しています。

あわせて読みたい:

マツザキ チアキ

マツザキ チアキ

大阪生まれ大阪育ちのROOMIE編集部員。お笑いとテレビが大好きです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking