舟津カナ

舟津カナ

48

外でコーヒーを飲むといつもと同じ豆でも格段とおいしく感じませんか?

私はドライブの途中など景色がよい場所を見つけると車を止め、コーヒーを淹れて飲みながら景色を堪能するのが好きなのですが、外でコーヒーを淹れるとき、何気にこまごまとしたギアが必要で「フィルターを忘れた!」となにかしら忘れて泣く泣くコーヒーを諦めることも。

そんな忘れっぽい私が「外コーヒーセット」入れに選んだのがスタンレーのランチボックスです。

1人分には大きすぎるランチボックス

ステンレス真空ボトルが有名なスタンレーですが、ステンレスボトル以外のモノも多く展開しています。その中のひとつが「ランチボックス」です。

日本のランチボックスはコンパクトなモノが多いですが、スタンレーのモノは存在感抜群の大きさ

大容量なので数名でピクニックに行くときにぴったりです。

ボトルがボックスにジャストフィットする

ランチ入れにもいいですが、私が「コーヒーセット入れ」に活用している理由はボトルがすっぽり入るところ。

ボトルに水(もしくはお湯)を入れてランチボックスにセットすれば、コーヒードリップセットがこれ1つにすべて入ります

私がランチボックスに入れているものは、

■ジェットボイル
■ガス缶
■スノーピークのコンパクトドリッパー
■紙フィルター
■カップ
■コーヒー豆とコーヒー軽量カップ(グラインド済み)


このセットをドライブするときに持って行けば、いつでもどこでも好きな場所で車を止めて、淹れたてのホカホカコーヒーが飲めます。

ボトルにお湯を入れて行けば、ジェットボイルやガス缶は不要。その分ランチをいれて持って行くこともできます。

家では見せる収納ボックスとして

「コーヒーセット入れ」以外にもたっぷりモノが収納できるため、DIYの道具を入れて「見せる収納箱」として活用している人も多いようです。

また、スタンレーのランチボックスはがっちりしていて箱が安定しているので、キャンプに必要な調味料、BBQのタレや醤油など液体物入れにも便利。

長さがあるので、トングなども入り、TPOでいろいろな収納ボックスになります。素材はスチールで汚れにくく、汚れても簡単に手入れができる点も◎。

ただし、見た目通り結構重い

「武骨」なところがスタンレーの魅力。近年は軽量なアウトドアギアが増えてきていますが、このランチボックスは見た目通りズッシリ。登山やツーリングなど荷物を軽量化したいシーンには向きません。

また、ボトルを挟めるのが魅力ですが、挟むときちょっとしたコツと力がいるので、はじめはちょっとその部分が扱いにくいかもしれません。

ただし、とっても頑丈で、重いモノを中に入れても取っ手が取れることなく、また、蓋もしっかり金具で締ります。

一段とアウトドアの楽しみが増えますよ~

「ランチボックス」にコーヒーセットを入れて置けば、人が来たとき家の中でもピクニック気分で、それを持ってベランダでコーヒーのドリップができ、「家キャン」気分も味わえます。

外コーヒーはアウトドアライフに色を付けてくれますし、我が家はドライブの休憩の度寄っていたスターバックス代がかからなくなり、コーヒー代の節約にもなっています。

「グリーン」は売り切れ続出中。シックなネイビーカラーなら在庫が残っているところもありますが、「この商品の発売予定日は2021年6月30日です。」というところも! 大人気商品なので、定期的にチェックしておきたいですね。

[スタンレー]

あわせて読みたい:


舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking