カマタユキコ

カマタユキコ

1

好きな時間に好きなものを買うことができる通販は、慣れてくると本当に便利。

ただ、面倒なのはダンボールの開梱作業。

ビリビリっとうまくテープを剥がせるときもあれば、すんなり取れずに苦戦することもありますよね。

握りやすいサイズと形状のダンボールカッター

ミドリ ダンボールカッター 黒
1078円(税込)

そんなダンボールの開梱作業を解決するべく購入したのは、デザインフィルの文房具ブランドである「ミドリ」から販売されている「ダンボールカッター」。

こんなに小さいのにしっかりと切れるのかな? と思ってしまうほどコンパクトなデザインです。

フタは、パカっと180度開閉するデザイン。広げたときにもグッと握りやすいサイズと形状です。

刃はよく見るとセラミック製で、錆びにくく耐久性にも優れています。

ちなみに、刃を反転してセットすれば新しい刃として使用が可能

別売の替刃を利用すれば半永久的に使うこともできるのだとか。これは長く重宝できそう!

早切れ味抜群で安心のセラミック製

開梱するダンボールがあったので、早速その切れ味を試してみました。

刃が短いので、「ん? 本当に刺さってるのかな?」とやや戸惑います。逆に言えば、ダンボールの中の荷物を傷つける心配はありません

切りたいところをピーっとなぞるように切ってみると、予想以上にラクな切り心地

ハサミやカッターで切ったときには、ある程度力も必要でしたが、これはスムーズな切れ味が気持ち良いくらい。

本体素材は耐久性に優れたABS+グラスファイバーなので、たくさん使っても安心。

それでいて刃はセラミックなので、通常のカッターよりも安全なのではないでしょうか。

切れ味抜群なのに安心・安全、しかも耐久性もあるって……。これは信頼できるな〜。

使わないときの存在感が皆無

我が家のダンボールカッター、どこにあるかお分かりでしょうか。

本体には強力なネオジムマグネットが内蔵されているので、冷蔵庫や金属製の机、ドアなど好きなところにつけて保管することができます。

冷蔵庫の色に合わせて黒を購入したので、パッと見た感じではどこにあるのか分からないほど。

インテリアを邪魔して欲しくないので、スタイリッシュなデザインがうれしいです。

我が家は玄関ドアが木製なので付きませんでしたが、玄関ドアにつけられるなら荷物が届いてすぐに使うことができます

文具箱や収納用品まで取りに行く手間も省けるし、カッターどこにいたっけ?なんてこともなくなります

なくても生活できるけど、あると快適な文房具

ダンボールの開梱作業だけでなく、雑誌や新聞、コピー用紙の一枚切りにも使えます。

本体のフラットな面を水平に当てて切るだけなので、手間もかかりません。

ダンボールの開梱なんてハサミやカッターを使えばいいと思っていましたが、使ってみると手放せないくらい快適なダンボールカッター

マルチに活躍してくれるこのアイテムで、私の通販生活はストレス知らずです。

ミドリ ダンボールカッター[Amazon]

あわせて読みたい:


カマタユキコ

一日の大半を家の中で過ごすおうち大好き人間。毎日の暮らしがもっと楽しくなるように考えながら、現在4歳と1歳の育児に奮闘中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking