門岡 明弥

門岡 明弥

14

アウトドアに自転車を持っていく方が増えてきているような気がします。

僕はまだやったことないのですが、荷物をたくさん積める自転車があったら運搬の負担がずいぶん減ってくれそうだな〜、と。

そんな最近、大手自転車ショップサイクルベースあさひからアウトドア向けの自転車が発売されるという情報を耳にしました!

積載性に優れた自転車

サイクルベースあさひから2月より販売されるのは、「LOG WAGON(ログワゴン)」というアウトドアのための自転車

こちらは積載性と安定した走行性を強化したモデルとなっており、アウトドアシーンで必要となるたくさんの道具を安定して運べるように設計された1台となっています。

細部に工夫がたくさん

まず特徴的なのが、リアキャリアが、横幅が増床する仕組みになっている点。

開閉式となっており、荷物を積載しないときは折りたたんでおけるので、駐輪時にかさばることもありません。

開いた状態では、コンテナなんかも積むことができそうです。

フロントキャリアは底面が広くなっており、さまざまなアウトドア用品を安定して載せることができます。

ただ、運搬の際はロープを使って固定する必要があります。好みのロープを使いましょう。

そしてタイヤは幅広となっているため、街中からオフロードまで走りやすい作り。

衝撃吸収に優れ、荷物を載せたときの安定感もしっかり感じられそうです。

オプションパーツでさらに便利に!

TRUSCOトランクカーゴ 2,629円(税込)、LOGラッシングベルト 698円(税込)

オプションパーツのラインナップも幅広く、カスタムしていくことでさらに積載量をアップさせることができます。

アウトドアでは定番アイテムの「トランクカーゴ」。30Lサイズはリアキャリアにぴったり収まるとのことなので、ベルトと一緒に使うと◎ですね。

LOGワゴン フロントバスケット 4,980円(税込)

こちらはフロントキャリアに取り付け可能な、アルミパイプ製の軽量バスケットです。

ペットボトルやタンブラー、小物類はここにまとめて入れておきたい!

今回紹介した「LOG WAGON(ログワゴン)」は、今年2月頃より49,980円(税込)で販売予定です。

自転車本体を運ぶにはちょっと大きめな車が必要ではありますが、この1台があればアウトドアの楽しみ方も幅広くなりそうな予感です。

LOG WAGON(ログワゴン)[サイクルベースあさひ]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

feature

私たちの世界を広げてくれる自転車。とはいえ、自転車といってもそのタイプはさまざま。みんなどんな自転車に乗って、楽しい毎日を過ごしているのでしょうか。サイクリストの自転車ライフをはじめ、魅力的なショップや便利なアイテムなど、自転車にまつわるあれこれを紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking