美間実沙

美間実沙

2

美しい髪を作るには、ブラッシングや頭皮マッサージが大切などと良く聞くものの、どんなヘアブラシを使ったらいいのか、わからない人も多いのでは。

わたしも理想のブラシを追い求めて、豚毛ブラシ、猪毛ブラシ、電動ブラシと、さまざなブラシを購入してきました。

竹製のパドルブラシ

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

4年前に購入!

最終的にわたしがマイベストブラシだと思い愛用し始めたのが、4年前に購入した、john masters organics(ジョンマスターオーガニック)の「ベントパドルブラシ」

パーマが当たった髪にも使える、目の粗いブラシを探していたところ、こちらのブラシを発見!

取っ手には竹、ブラシ部分にはイオン毛が使用されているのだとか。

購入以来、毎日愛用しており、今でも問題なく使えるのですが、さすがに剥げや傷が気になってきたので、2本目を購入

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

ベントパドルブラシ john masters organics 3,520円(税込)

4年愛用した末に、2本目をリピ買いしてしまう、ベントパドルブラシの魅力とは?

1.独特の形状で、ブローが簡単に!

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

ベントパドルブラシの特徴は、ブラシ本体に大きな穴が5つ空いている点。

この穴がドライヤーの風を通すため、効率的にブローができるのだそうです。

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

肩下20センチほどのロングヘア(毛量:若干多め)のわたしにとって、ブローに時間がかかるのは悩みの種でした。

15~20分くらいは乾かさないといけないため、手が疲れて仕方ない。お風呂上りが億劫になるほどだったんです。

ですが、ベントパドルブラシを使用してからは、ブローの時間が10分ほどに時短できるようになりビックリ!

これが、ベントパドルブラシを手放せない最大の理由です。

2.頭皮マッサージにもぴったり

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

気軽に頭皮マッサージができる点も、ベントパドルブラシの魅力のひとつ。

パドルブラシというだけあって、ブラシのクッション部分がふわっふわなんです。

頭皮をほぐすイメージで、さまざまな方向にブラッシングしていくと、コリがとれてスッキリする気がします。

ブラシの先が丸まっているので、強くブラッシングしても「痛っ!」となることがありません。

わたしは、起床直後の眠気覚ましや、寝る前のリラックスタイムに、ベントパドルブラシで頭皮マッサージをしています。

3.汚れが気になったらバシャバシャ洗える

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

毎日ベントパドルブラシを使用していると、穴に埃がたまったり、表面がベタついたりと、汚れが気になることも。

そんなとき、ベントパドルブラシなら、気兼ねなくバシャバシャ洗えるんです。

洗い方は、中性洗剤を薄めた水で洗い、すすぐだけ。

わたしは、中性洗剤を使用するのに抵抗を感じるため、シャンプーを薄めた水でパドルブラシを洗うようにしています。※長時間水気に当てないよう、注意してくださいね。

これからも愛用したい逸品

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

他にも、握りやすく、しっくりと手に馴染む感じや、

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

ひっかけて収納できる点など、魅力がたくさん詰まった「ベントパドルブラシ」

ジョンマスターオーガニック ベントパドルブラシ

「ベントパドルブラシ」でしっかりブローをしたり、こまめにブラッシングや頭皮ケアをしたりするうちに、髪がサラツヤになっていくのを実感し、自分の髪に自信を持てるようになりました。

いままでありがとう! 2代目ブラシも、大切に使っていきたいです。

ブローを楽にしたい方、気軽にヘッドマッサージをしたい方、ぜひ試してみてくださいね。きっと、大切な相棒になってくれることと思います。

あわせて読みたい:


美間実沙

ダイエットマニアのフリーライター。無理しないダイエット方法を研究中です。趣味はレザークラフトとDIY。鞄や靴など好きなモノを作っているとき、幸せを感じます。

special

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking