ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

12

ギズモード・ジャパンより転載。

中は意外と広くて荷物もたっぷり置けるって。

自動車メーカーのトヨタから、ふたり乗りの小型EV「C+pod(シーポッド)」が発表されました。そのサイズは全長が2,490mmで全幅が1,290mm、そして全高が1,550mmと超コンパクト!

プリウス1台分(全長4,575mm)の駐車スペースに2台置けてしまうんです。

軽自動車より小さいEV軽自動車

最高時速は60kmで、フル充電での走行距離は150kmとのこと。扱いは軽自動車ですが、高速道路や自動車専用道路は法律上走れません。とはいえ通勤や買い物といった、チョイ乗りに最適そうですね。

安全面では、昼夜問わずほかの車両や歩行者・自転車を検知できる「プリクラッシュセーフティ」も標準装備されており、衝突回避や被害軽減をサポート。

アクセルとブレーキの踏み間違いが起こっても、8つのソナーで不意の衝突を緩和し、被害を少なくします。コンビニのガラス窓も検知できるというので、万が一が起こっても少し安心かなと思います。

非常時には電気を出力できる頼もしさ

助手席の足元には充電用のコンセントもあり、時速25km以下では敢えてヒューンという擬似的な走行音が鳴る仕掛けも装備されているなど、EVっぽさが感じられますね。

加えて非常時には電気を出力することも可能で、最大1,500Wを供給できます。またオプションの「ヴィークルパワーコネクター」をフロント部の普通充電インレットに差し込めば、外部給電用のコンセントとして約10時間も給電し続けられるというから、頼りになりそうです。

C+pod(シーポッド)

往診に最適なクルマとして活用

豊田市の地域医療センターでは、「C+pod」を往診に使っているとのことで、使い勝手の良さについて動画でコメントが寄せられています。

現在200以上の法人や自治体がトヨタの車両の利用を検討しているそうで、中には電力会社やカーシェアリングといった事業が含まれているのだとか。ほかにも地域のパトロールや宅配などなど、いろんな用途に使えそうですね。

お手頃価格なら普及しそう

「C+pod」は価格がXグレードで165万円、Gグレードだと171万6,000円。現在は法人ユーザーや自治体などを対象に限定販売されている段階で、個人への販売は2022年を目途に開始する予定です。

Source: YouTube (1, 2) , TOYOTA (1, 2) via Car Watch

text by 岡本玄介

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking