田口 モトキ

Nikeが発表した「NIKE GO FlyEase(ナイキ ゴー フライイーズ)」というスニーカーに、大きな注目が集まっています。

NIKE GO FlyEase(ナイキ ゴー フライイーズ)

それもそのはず。このスニーカーには、“手を一切使わずに脱ぎ履きができる画期的な仕組み”が盛り込まれていたのです。

ヒンジが使われたスニーカー?

「NIKE GO FlyEase」は、シューズ中央に取り付けられた「双安定性ヒンジ(ちょうつがい)」によってソールを山折りの状態でロックさせることが可能。

ユーザーがその大きく口を開けた状態のシューズに足を通し、かかとに体重を乗せて曲がったヒンジを伸ばすことで装着は完了します。

脱ぐ際には、もう片方のつま先でかかとの出っ張ったパーツを踏んで、そのまま足首を持ち上げるだけ。

公開された動画を見るにその動作はかなりシンプルなので、誰もが迷わずに脱ぎ履きをすることができそうですね。

手に入るのはすこし先

カラーバリエーションは全3色で展開

「アダプト BB」のような機械による自動化ではなく、靴自体の構造によってハンズフリーを叶えたため、価格が13,000円(税別)と控えめなのも嬉しいところ。

発売に関しては、2月15日から一部のナイキメンバーに招待制の先行販売を行い、一般発売は2021年後半を予定しています。

両手を使うどころか屈むことさえ不要となる「NIKE GO FlyEase」は、障がいを持つアスリートや妊娠中の女性、時間に追われた若者など、幅広い層に必要とされるスニーカーになっていくことでしょう。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』とはいかなかったけど、こんな未来も大歓迎です。

ナイキ ゴー フライイーズ

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部所属。成長や洗練から逆行するかのような快感を求めています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking