浅田 よわ美

浅田 よわ美

3

以前、ひとり暮らしにも気軽に取り入れやすい超コンパクトなスチーマーをレビューしたわたし。

パナソニック スチーマー ナノケア

シンプルで使いやすい機能が気に入ったのですが、実はパナソニックの「スチーマー ナノケア」は2種展開!

もう一方のスチーマーはVoCEや美的で2020年のベストコスメを受賞したと聞き、試してみることに。

化粧水ミスト搭載。おうちエステが叶うスチーマー

パナソニック スチーマー ナノケア

Panasonic「スチーマー ナノケア EH-SA0B」54,000円(税込)
※Amazonでの販売価格

こちらがその、「スチーマー ナノケア EH-SA0B」。

温スチームだけでなく、化粧水ミストも使えるダブル保湿機能が特徴です。

コース選択によっては温冷が自動で切り替わる“まるでおうちエステ”なスキンケアをすることもでき、本格的。

パナソニック スチーマー ナノケア

選べるスチームのコースは温スチーム・クリア肌・ハリ/弾力の3種類。

パナソニック スチーマー ナノケア

この中から温スチームを選べば、約12分間温スチームのみを浴びることができますし、

パナソニック スチーマー ナノケア

クリア肌を選べば、温スチーム6分間→冷スチーム45秒→温スチーム3分間→冷スチーム45秒→温スチーム3分の順で、約13分30秒のケア。

パナソニック スチーマー ナノケア

ハリ/弾力を選べば、温スチーム11分間→冷スチーム1分間の順で約12分のケアができる、という仕組み。

肌悩みやシーンに応じたケアができる

パナソニック スチーマー ナノケア

コース選択のボタンはここ

スチームだけで3つもコースがあるので、そのときの肌悩みに応じたケアができるのが大きな魅力!

肌のくすみが気になったときはクリア肌を選択することで、みずみずしく明るい透明感のある肌を目指すケアを。

毛穴の汚れや開きが気になった場合にはハリ/弾力コースで、毛穴の目立ちにくい引き締まったハリのある肌を目指すケアができちゃいます。

パナソニック スチーマー ナノケア

温スチームは、たっぷりのスチームで癒されたいときやメイク落とし前後におすすめ。

わたしは温スチームを3分ほど当てる間、クレンジングオイルを顔にゆっくりとなじませるのがお風呂前のルーティン。

濃い目のアイメイクも落としやすくなりますし、保湿しながらクレンジングをすることでクレンジング後のイヤなつっぱりがなくなるような気がします。

仕上げの化粧水ミストでたっぷり保湿

パナソニック スチーマー ナノケア

温冷のスチームで肌をたっぷり保湿したあとは、仕上げに化粧水ミストでダブル保湿していきます。

こちらも使い方はカンタン。

パナソニック スチーマー ナノケア

付属の化粧水ミストタンクに手持ちの化粧水を入れて、

パナソニック スチーマー ナノケア

定位置にセット!

パナソニック スチーマー ナノケア

セットできたら、ミストボタンを押すだけでOK。

霧のような化粧水ミストがふきだし、ひんやりとして気持ちいいのはもちろん顔全体をまんべんなく保湿できるのが◎。

ミストが細かすぎて、一眼レフカメラでも写真を撮れなかったほど……!

パナソニック スチーマー ナノケア

タンクは2種。水のミストは左、化粧水ミストは右を使用

いつもはコットンで保湿していましたが、これなら肌にふき取りストレスがかからないのも気に入りました。ゴミも出ないし、経済的。

機能を単体で使ってのケアもいいですが、温スチーム→化粧水ミストの流れでケアするとたった1回で肌の潤いが全然違う!とビックリ。

思わずニマニマしちゃう大満足な使い心地でした!

2種のスチーマーを比較

パナソニック スチーマー ナノケア

左:EH-SA3B 右:EH-SA0B

以前紹介した、コンパクトタイプのEH-SA3Bと温スチームと化粧水ミストのダブル保湿タイプのEH-SA0B

どちらも給水タンクをセットし、電源コードをさしこみ、電源をいれるだけですぐに使える>のでスチーマー初心者でもらくらく扱えます。

パナソニック スチーマー ナノケア

パナソニック スチーマー ナノケア

使用前の準備や使い方はほとんど同じですが、違いは大きく分けて大きさ・機能・価格の3つ。

①大きさ

パナソニック スチーマー ナノケア

コンパクトタイプのEH-SA3Bは、片手で持てるサイズ感

それに対し、EH-SA0Bは小ぶりの炊飯器くらいの大きさがあります。

パナソニック スチーマー ナノケア

ひとり暮らしだと大きめのアイテムを導入するハードルが高いので、省スペースで温スチームケアを取り入れたいならEH-SA3Bがいいかも。

②機能

パナソニック スチーマー ナノケア

機能面は保湿という点で考えると、圧倒的にEH-SA0Bが優勢。

パナソニック スチーマー ナノケア

実物はもっとやわらかなスチームです

肌悩みに応じた温冷スチームをたっぷり浴びる保湿ケアのあと、さらに化粧水ミストでもW保湿ができるため、保湿力でいえば向かう所敵なしでは……?

パナソニック スチーマー ナノケア

とはいえ、コンパクトタイプのEH-SA3Bでも温スチームは顔全体にたっぷりかけられますし、癒し効果抜群のアロマタブレットを置くことも可能。

小さいからこそ持ち運びやすく、さまざまなシーンで保湿ケアができるためいつもの保湿ケアを手軽にレベルアップさせるならEH-SA3B

ドレッサーや洗面台など、毎日決まった場所で保湿ケアするならEH-SA0Bがおすすめです。

パナソニック スチーマー ナノケア

パナソニック スチーマー ナノケア

さらにEH-SA0Bにのみ、お掃除用セットがついているのも魅力。

時短&手軽派さんにはEH-SA3B、お手入れも苦じゃない&じっくり時間をかけたい派さんにはEH-SA0Bが向いているかも。

比較③価格

パナソニック スチーマー ナノケア

左:EH-SA3B 右:EH-SA0B

最後は、気になる価格。EH-SA3Bは16,964円(税込)と、スチーマーにしては手頃な価格!

EH-SA0Bは54,000円(税込)ですが、スペックを考えると決して高くはない印象。

ミストに手持ちの化粧水を使えるので、長く愛用できそうです。

※どちらもAmazonでの販売価格

あなたはどっち派?

パナソニック スチーマー ナノケア

温スチームに包まれる幸せ

以上、最近発売されたばかりのスチーマー2種を比較し、それぞれの魅力をレビューしました。

ぜひ自分の暮らしにフィットするスチーマーをゲットして、毎日のスキンケアをレベルアップしてみませんか?

スチーマー ナノケア EH-SA0B[Panasonic]

スチーマー ナノケア EH-SA3B[Panasonic]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

special

日本は四季折々が豊かな気候ですが、一方で季節ごとに肌ダメージに悩み、振り回されがち。ちょっとでもケアをサボると、一気にご機嫌を損ねてしまいます。そこで本特集では、ROOMIEが見出したスキンケアアイテムなどを中心に「お肌をいたわる」ためのあれこれをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking