門岡 明弥

門岡 明弥

29

家にいることが多い最近だけど、たまに仕事で外に出るときも。

とはいえ、基本的には外に出る機会が減ってる今だからこそ、頻発するのはモバイルバッテリーの充電し忘れ問題

あと1回分くらいは大丈夫でしょ!と思ってたら、全然そんなことないんですよね……。

Ankerの最新作

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」 4,790円(税込)

最近使い始めたのが、Ankerの「Anker PowerCore Fusion 10000」という、モバイルバッテリー搭載のUSB充電器

実はこれ、今年の1月に発売したばかりの新作で、「Anker PowerCore Ⅲ Fusion 5000」の後継機となっています。

名前の違いからお分かりかもしれませんが、前モデルと比べると電池容量は約2倍

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」USB-A USB-C

僕が使っているiPhone8は電池容量が約1,800mAHなので、フル充電5回分といったところ。中々にタフです。

そして見ての通り、USB-Aはもちろん、USB-Cにも対応。

以前使っていたモバイルバッテリーはUSB-C非対応だったので、充電できるアイテムの幅がぐんと拡がってうれしい。

本体を充電し忘れても、大丈夫

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」を使って充電

先述しましたが、「Anker PowerCore Fusion 10000」はモバイルバッテリー搭載のUSB充電器。

この“モバイルバッテリー搭載のUSB充電器”という部分、実際に使ってみるまでは意味がよくわかりませんでした。「モバイルバッテリーとUSB充電器、どっちなの?」といった具合に。

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」プラグを差し込む

とりあえず、モバイルバッテリーとして使えることはわかります。

……が、折りたたみ式プラグをコンセントに差し込むと、そのまま急速充電器としても活躍してくれるところが“モバイルバッテリー搭載のUSB充電器”たる所以だったんです。

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」プラグを差し込む

接続したデバイスの充電が終わると、そのままモバイルバッテリー本体も充電(※約4時間で満充電)してくれる仕組みになっているのもうれしいポイント。

もし本体の充電を忘れていても出先でチャージすることができますし、スマホだけサッと充電したいときには急速充電器として使えば◎です。

これ1つでカバーできる範囲が広いため、ケーブルや充電タップをいくつも持たなくなりました。そんな柔軟性・身軽さが最大の利点なのかもしれません。

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」

ちなみに電源ボタンを2回押し(もしくは長押し)すれば、LEDライトが緑に点灯し、低電流モードで使うこともできます。

大きな電力を必要としないイヤホンやスマートウォッチなど、小型機器に負荷をかけ過ぎずに充電したいときはこのモードを使ってみましょう。

携帯性は…

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」の大きさ比較

使用感には満足しているのですが、ちょっと気になるのがその大きさと重さ

重さは約278gで、大きさは約8.2×8.2×3.5(cm)。持つと、なかなかにずっしり感があります。

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」 収納袋

もちろん収納袋も付属

この使い勝手のよさで、もうほんの少しだけ小型化してくれたら……なんてことも考えるけど、重い&大きいからといってそこまで不便に感じたこともなく。

すぐ、慣れます。

Anker製品で迷ってるなら

Anker 「Anker PowerCore Fusion 10000」

今回紹介した、「Anker PowerCore Fusion 10000」。

徹底的に携帯性を求める人にとっては、イマイチに感じる部分があるかもしれません。しかし、そのタフさと小回りの利く使い勝手のよさは、非常にいいバランス感で両立されているような気がします。

Ankerの充電器はどれを買えばいいのかわからない!という方にこそ、オススメしたいアイテムなのでした。

Anker PowerCore Fusion 10000[Amazon]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking