ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

31

寒さが厳しくなってくる2月ですが、春に向けてアウトドアグッズの物欲は覚めやらぬもの。
どうせならおうちでも活躍してくれるものが欲しいですよね。

ポケトーチがあれば、使い捨てライターをセットするだけでおうちでもレジャーでももっと便利に火を使えますよ。

使い捨てライターがパワーアップ!

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

ポケトーチという名のこのアイテム、その名の通りポケットに入るサイズ

でも、ボボーッとバーナーのようにパワフルな炎が出るんです。

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

というのも、中身は使い捨てライター

かつては100円ライターなんて呼ばれましたが、今や100均で3個セットで入手可能

ただし、サイズは要確認です!

分解するとこんな感じ

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

キャップ部分は、ちょっと力が必要ですが、上に引き上げるだけで外れます。

ボディ部分にライターを入れて、キャップをはめるだけ。

王道はバーベキューの炭の着火

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

着火ときたら、まずはバーベキューの炭。

ライターやマッチより、ずっと早く火がつきます

家でもアウトドアでも、料理がグッと本格的に!

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

家庭料理でも、ちょっと焦げ目をつければグッと本格的……に見えます(笑)。

蒸し鶏は、こんがり焦げ目で皮がパリッと!

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

シメサバも、炙りシメサバに変身。

見た目はもちろん、おいしさもアップします

スイーツだってワンランクアップ

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

買ってきたプリンにグラニュー糖をかけて火を点ければ、カラメリゼされてブリュレ風に。

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

バーベキューでも家でもスモアが手軽に楽しめますよ

チョコつきのダイジェスティブビスケットにマシュマロを乗っけて炙り……

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

焦げ目がついてやわらかくなったところで、もう1枚でサンド。

ひと口サイズのスモアができあがりです。

残念なところ:ストッパーがない

シンプルなつくりなのはいいですが、押すところにストッパーがありません

着火にはそれなりに力がいるので、簡単に火がつくことはないとは思いますが、そのままバッグにポン……はちょっと心配

バッグにいれるときは、購入時に包装されていたケースを再利用してます。

花火だってすぐスパーク

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

そして、夏といえば花火

ライターだと指が火に近すぎて、何本も点けてるとアチチ! ってなりますが、これなら大丈夫。

アウトドアでガスバーナーのように楽しむポケトーチ

すぐにバチバチっとスパーク。

指が熱くならないので、次から次へ点けても楽勝です。

手のひらサイズなのに、しっかりバーナーの役目を果たしてくれるポケトーチ。夏だけでなく、さまざまなシーンで活躍してくれそうです。

※本記事は2018年8月3日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by Fukuko

ソト(SOTO) ポケトーチ[Amazon]

合わせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking