20210129_5

体を引き締めたいけれど、つらい筋トレは長続きしない……。そんな人におすすめなのが「ファンクショナルトレーニング」。人間に本来備わっている部位や筋肉を強化するだけのシンプルな運動ですが、インナーマッスルをしっかり鍛える効果があるといいます。

ファンクショナルトレーニングの4つのメリットと、初心者でも取り入れやすい2つのトレーニングを「Diet Plus」からご紹介します。

ファンクショナルトレーニングの4つのメリット

20210129_1

ファンクショナルトレーニングとは、体の各機能(ファンクション)を鍛えるという意味のトレーニング。体にかかる負担が比較的少なく、疲れにくいため、年齢や体型に合わせて取り組めるのが魅力。たとえばこんなメリットがあります。

1.バランス感覚を育ててケガをしにくい体に

ファンクショナルトレーニングでは特別な器具を使わず、あえて「不安定な体勢」で体を動かします。そのためバランス感覚が育ちやすくなるのだそう。加齢とともに増えるつまずきや転倒を防ぐためにも、ファンクショナルトレーニングのような続けやすい運動で筋肉の衰えを防ぎ、バランス感覚をキープすることは大切です。

2.体力や基礎代謝を向上させる

ファンクショナルトレーニングは関節や筋肉などの各部位に眠っていた運動能力を思い出させ、より効率良く動けるように導く効果が期待できるそう。その結果、体力や基礎代謝の向上につながり、適正体重も維持しやすくなるようです。

3.体幹を鍛えてスタイルアップ

ファンクショナルトレーニングのメリットとして広く知られているのが、簡単な動きなのにインナーマッスルを効率よく強化できること。インナーマッスルが鍛えられれば体の歪みが改善され、スタイルアップにもつながります。

4.簡単だから続けられる

ファンクショナルトレーニングは重力やあらかじめ人間に備わっているバランス感覚を利用するため、体の負担が少なく続けやすいのが特徴。動きもシンプルで簡単なものが多いので、スキマ時間におこなうことができます。

ファンクショナルトレーニングの実践方法

20210129_2

それでは早速、ファンクショナルトレーニングをおこなってみましょう。

ファンクショナル腕立て伏せ

1.脚を肩幅に開き机に両手をつきます。
2.机に体重をかけるようにして、斜めの姿勢になります。
3.片足を折り曲げます。4.残る片足のみでバランスを取り、自重で腕立て伏せの動作を行います。

(「Diet Plus」より引用)

きついイメージがある腕立て伏せですが、これなら簡単。片足を上げることで身体が不安定になるため、無意識にふだん使われていない筋肉を使ってバランスをとろうとすることで、簡単な動きでも運動効率が高くなります。机のほか、壁や公園のベンチなどでもできそうですね。

ファンクショナルスクワット

1.気を付けの姿勢から、片足を後ろに引きます。
2.重心を落として体をねじります。
3.気を付けの姿勢に戻ります。
4.もう片方も同様の動作を行い、計10回を目指しましょう。

(「Diet Plus」より引用)

体に負担がかからないわりに、太もも、おしり、腹筋まで広範囲に鍛えられるファンクショナルスクワット。代謝アップにも効果的です。

自宅でも道具いらずで取り組めるので、筋トレの“はじめの一歩”にも最適。家にこもりがちな昨今、手軽にできるファンクショナルトレーニングでなまった体に喝を入れていきましょう。

インナーケアも忘れずに

Diet Plus

image via Shutterstock

Ranking