GettyImages-1183163471_640

──ライフハッカー[日本版]より転載

パンやホットケーキにバターを塗る時、正しい量なんて計算したことないですよね。

最近、私が小さなフッ素加工のフライパンで、卵2つの目玉焼きをつくった時、大さじ3杯以上のバターを使いました。

バターで目玉焼きを作るとトーストにあう

これは、フライパン一面がバターで完全に覆われて、そこに卵を割り入れると、白身の上にバターがあふれるほどの量です。

オリーブオイルと違って、バターは茶色くなりますが、それでいいのです。茶色くこんがりとしたバターは、目玉焼きとトーストと一緒に食べると本当においしいです。

また、このように卵を調理することで、朝食の準備に無駄がなくなります。

オリーブオイルや油(2つの卵が十分に調理される量の油)から目玉焼きを取り出してトーストの上に移すのではなく、フライパンの中身(目玉焼きと大さじ数杯の溶けた、もしくはこんがりしたバター)をそのままパンの上に移せば、美味しいトーストのできあがりです。

柔らかいバターがすぐに用意できない場合は特に便利です。(そのための回避策もありますが)

GettyImages-873270910_640

大さじ3杯の塩入りのバターを使おう

まとめると、少なくとも大さじ3杯の塩入りのバターを、泡立っていい香りがするまでフライパンで中火で溶かし(バターを溶かしている間にパンを焼き)、そこに卵を2〜3個割り入れます

白身の部分に熱々のバターがかかったり、スプーンでかけたりして、固まったら、目玉焼きを溶けたバターと一緒にパンの上に乗せます(溶けたバターはパンに染み込みます)。

非常に合理的で、余計なものは何ひとつありません。エレガンスの意味をきちんと理解しているとしたら、これぞ「エレガント」と言っても過言ではないのではないでしょうか。

おいしい朝食が食べたい

Image: GettyImages
Claire Lower – Lifehacker US[原文
訳:的野裕子

Ranking