ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

47

家にいる時間が長いこともあり、生活の中に植物を取り入れてみたいな〜と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、みんなの部屋にご出演いただいた方のお部屋から、「観葉植物をどんな風に取り入れているのか」というアイデアをまとめてみましたよ。

植物優先の空間は、結果的に人にとっても住みよい部屋に

平日は花屋、土日は別の植物屋に勤務。休みの日には「花屋ブラウンシー」名義のフリーランスとして、やっぱり花にまつわる仕事をこなす、熊木さん。

50種類もの植物のある部屋に暮らしていますが、決して広いとは言えない部屋にそれだけの数があっても、どうしてか窮屈な感じはしません。

白を基調とした部屋には清潔感すらあって、むしろ、すっきり気持ちいいのはどうしてでしょうか。

植物たちをひとつの場所に固めて置いているからかもしれません。

窓際のその場所が、部屋のなかで一番気持ちよく日光が当たる場所なんです。

なんと、部屋のレイアウトまで植物最優先! ベッドもコーヒーテーブルも、植物の配置を決めたあとで、余ったスペースにレイアウトしたのだとか。

でも、植物にとって気持ちのいい空間はしかるべく、人にとっても住みよい部屋になっているようです。

詳しくはコチラ↓

植物がコミュニケーションのきっかけに

インテリアデザイナーである蓑田人哉さんのお部屋でとりわけ存在感を放つのが、多種多様なグリーンたち。

育てるのが難しい品種までを立派に育てる蓑田さんですが、そもそも植栽の魅力に目覚めたのは、ご近所付き合いが発端だったとか。

以前暮らしていた家の隣に住んでいたおばあちゃんが、「紫蘇やってみる?」と紫蘇を分けてくれたんです。植えていれば簡単に育つ品種だったのですが、おもしろくなって、そこからハマってしまいました

いまや、問屋や生産者から直接買い付けては、メキシコやオーストラリアといった異なる地域の品種も、それぞれの個性に合わせて上手に育てるほどに。

インナーテラスでゆっくりしていると、植栽にびっくりした近所の人に声をかけられることもあります。

最近できた新しい友達は、92歳のおじいちゃんなんです(笑)

ご近所付き合いにはじまり、また新たなご近所付き合いを生み出す。グリーンたちは、いわばコミュニケーションツールと言えますね。

詳しくはコチラ↓

家具の差し色として植物を取り入れる

早乙女さんご夫婦のお部屋は、少ないモノたちとバランスよい数の植物が置かれています。

家具やキッチン用品は茶系やマットブラックのカラーで統一しています。

そこに差し色として、私が購入してきた植物を育てて置いている感じです。(亜由美さん)

お花類は、鎌倉で毎月3日間だけ出店するpauseというお店や、駅近くの花屋さんで買うことが多いとのことですよ。

家具の色合いを統一し、植物を差し色として扱う。植物がいいアクセントになってくれそうな取り入れ方でした。

詳しくはコチラ↓

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

feature

北欧、ストリート、DIY、アウトドア。リアルでさまざまな「暮らしのあり方」にフォーカスすることで、「自分にとって、一番いい暮らし」を探っていく…。連載「みんなの部屋」はスタイルを探求する旅です。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking