ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

445

2021年になったと思えば、もう1ヶ月が経過します。

ROOMIEでは今月もたくさんのアイテムをレビューしてきましたが、今回はこの冬に買ってよかったニトリアイテムをご紹介。

「お値段以上」と感じるものばかりですよ~。

かさばらない極薄ヒーター

ニトリ 「くっつけられるマグネットヒーター」

ニトリ 「くっつけられるマグネットヒーター」 4,990円(税込)

その名も、「くっつけられるマグネットヒーター」

ヒーターの裏面にマグネットが付いているので、オフィスのスチールデスクならそのままペタッとはるだけでOK。

スチールデスクじゃない場合には、材質によって、ネジ止め面ファスナーを選べます(取り付け可能な材質は、金属製、樹脂ガラス製、木製)。

今回は、デスク裏に穴をあける必要がない面ファスナーをチョイス。

ニトリ 「くっつけられるマグネットヒーター」
取り付けももちろん簡単。付属している強力粘着面ファスナーをヒーター本体に貼り付け、机の裏に貼り付けるだけ!

ここではかなりざっくりと説明していますが、こちらで詳しい取り付けはチェックしてみてください。

ニトリ 「くっつけられるマグネットヒーター」

熱源はカーボンヒーターで、消費電力は21Wと少なめ。

ですが、足をヒーターから5~10㎝くらいの位置に調節できれば、ひざ上は十分温かいです。

遠赤外線効果で体の中からじんわり温まるらしいので、使い始めてすぐは電気ストーブやファンヒーターのような温かさは感じにくいかもしれません。

が、リモートワーク時には、だんだん体がポカポカとしてきて◎。

詳しくはコチラ↓

コーヒーグッズが充実

コーヒー以外にも使いやすい「ドリッパー&ドリップカップ」

ニトリ「ドリッパー」「ドリップカップ」

ニトリ「ドリッパー」1,017円(税込) 「ドリップカップ」1,518円(税込)

ニトリの「ドリッパー」はワイヤータイプでお手入れがしやすく、汚れやにおいが付きにくいのが特徴。

ニトリ「ドリッパー」「ドリップカップ」

ドリップカップも350mlとコンパクトながら、フッ素樹脂加工で汚れが付きにくく、注ぎ口が細いのでドリップ初心者の私でも、簡単に少量ずつお湯を注ぐことができます。

我が家にある800mlの琺瑯のコーヒーポットと比べると、注ぎ口の細さの違いがよくわかりますね。

そのおかげで、琺瑯のポットで淹れた時よりも簡単に注ぐときの湯量をコントロールできます。

ニトリ「ドリッパー」「ドリップカップ」

そして、コーヒーだけでなく、緑茶を淹れるのに使ったり、

ニトリ「ドリッパー」「ドリップカップ」

粉かつおの出汁とりにまで使ったりと、使い方のアレンジも豊富。

使い勝手がいいから、おうち時間のお供にもぴったりです。

詳しくはコチラ↓

縦にも横にもなる「ドリップスタンド」

ニトリ 「コーヒードリップスタンド」

ニトリ 「コーヒードリップスタンド」 1,518円(税込)

このアイアンの枠のようなモノ、じつはコーヒーをドリップするときのスタンドです。

シンプルな見た目はどんなインテリアにも溶け込みやすい上、なんと2wayって驚きじゃないですか?

ニトリ 「コーヒードリップスタンド」

というのも、こちら、縦にしても横にしても使える便利さ。

しかも、机などを傷つけないように小さな保護用クッション材がついているのも安心なんですよね。

ニトリ 「コーヒードリップスタンド」

縦でも横でも使えることが、どう便利なのかというと、タンブラーなど背の高いものに淹れるときに調整できるんです。

ニトリ 「コーヒードリップスタンド」

ドリンクボトルに氷をいれておけば、アイスコーヒーもできちゃいます。

ポットから入れ替えたりせず、直接ドリンクボトルに落とせるのがいいラクチンですよね。

詳しくはコチラ↓

くっつけられるマグネットヒーター NO
コーヒードリッパー
ドリップカップ
コーヒードリップスタンド

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking