タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

2

晴れた日は、視界が凄まじく眩しい……。

運転中などはとくにその眩しさが悩みの種でした。

カスタマイズ可能なレトロサングラス

Ray-Ban「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」

Ray-Ban「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」19,096円(税込)

そんな悩みを解決してくれたのがRay-Banの「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」

レトロでスタイリッシュなフレームの「ERIKA CLASSIC」に、偏光レンズのPolarized Lensを採用したサングラスです。

※筆者は店舗で購入したため、展示してある中から選んだのですが、公式HPではカスタマイズも可能とのこと!

Pマークの実力がスゴかった

Ray-Ban「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」

Ray-Banの偏光レンズは、レンズの左上に「Polarized Lens」の頭文字「P」マークがあるのが特徴。

そもそも偏光レンズとは、光の乱反射をカットしてくれるレンズのこと。太陽の光で視界が眩しいときでも、スッキリとクリアな視界にしてくれるのだとか。

Ray-Ban「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」

こんなに眩しい光でも、

Ray-Ban「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」

ここまで光を抑えてくれちゃう!

一度偏光レンズの快適さを知ってしまうと、もうこれがない日々には戻れないかも(筆者は戻れる気がしません)。

眩しさに悩んでいる方には、ぜひこの感動を味わってほしい!

運転時の心強いパートナー

Ray-Ban「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」

「Polarized Lens」にして良かったと何より思うのは、運転中です。

運転中に太陽光が眩しすぎるからと目を細めてしまうと、視界が狭くなり危険。

Polarized Lensを着用し始めてからは、眩しさへのストレスがなくなり、運転を楽しめています。

正規品かよく確認を

Ray-Ban「ERIKA CLASSIC(Polarized Lens)」

ネットに似たようなデザインの正規品じゃないものも多く出回っているそうなので、そこは要注意!

似たようなデザインで定価も安いからラッキー! とネットで購入してみたら偽物だった……なんてことにならないように、購入前によくチェックを

わたしはRay-Banを扱っている実店舗で直接購入しました。

釣り好きの人にも

光の乱反射をカットしてくれるので、太陽光を反射しているギラギラした水面を見るときにも便利。

水中が見えるくらい視界がクリアになりますよ~。

運転時や釣りをするときなど、眩しさをどうにかしたいと考えているなら、ぜひチェックいただきたいアイテムです!

あわせて読みたい:


タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking