パン冷凍保存袋

谷田貝

谷田貝

24

食パンって意外と食べきれないですよね。

一人暮らしだと知らぬ間に消費期限が過ぎていたりしませんか?

カビが生えないように冷凍保存しておくのが主流だと思いますが、ニオイ移りや味の劣化も気になるところ。

パン専用の冷凍保存袋

そんな余りがちが食パンを保存できるのが、その名も「パン冷凍保存袋」。

エコバッグのShupattoなどで有名な生活雑貨メーカー「マーナ」と、料理教室「ホームメイドクッキング」が共同で開発したものだそう。

いままではラップやアルミホイルに包んで冷凍保存していましたが、一体何が違うのでしょうか?

おいしさを長持ちさせるヒミツ

パン冷凍保存袋

「パン冷凍保存袋」にはおいしさを長持ちさせる仕掛けがあります。

この袋は外側から、「PET」「アルミニウム」「ポリエチレン」の3層構造でできており、空気が通るのをしっかりと遮断します

上部のダブルジッパーが付いているので密封もばっちり。

パン冷凍保存袋

実際に試験も実施されていて、通過する空気の量がフリーザーバッグや食パンの袋に比べて圧倒的に少ないことが分かります。

これなら冷蔵庫臭もつかないで新鮮な状態を保てそうです!

かさばらない丁度いいサイズ

パン冷凍保存袋

1枚につき5~6枚切りの角食パンが3枚ほど、山型食パンが2枚ほど入る大きさです。

丁度余りそうな量を入れることができるスッキリしたサイズなので、大きすぎてかさばることもなさそう。

ナチュラルなカラーと柄の少なさも、生活感を感じさせないポイントですね。

パン冷凍保存袋

袋は2枚セット。繰り返し、洗って使うことができます。

ゴミも増えないから環境にも配慮したアイテムですね。

これからは食パンを急いで消費する必要もなくなりそうだな~。

パン冷凍保存袋[マーナ]

あわせて読みたい:


谷田貝

ROOMIE編集部。音楽はヒップホップが好きです。食べ物はカレーが好きです。ずっと夏がいいです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking