門岡 明弥

門岡 明弥

9

外にドリッパーを持ち運ぶことを考えると、折りたためるという性能は必須ですよね。

僕は家で使う用のドリッパーしか持っていませんが(KONOのドリッパーを使っています)、ここまでコンパクトなものだったらアウトドア用にひとつ持っておきたいかも……!

コンパクトすぎるコーヒードリッパー

「THE MICRODRIPPER」は重さたった21g、幅1cm・高さ8cm・厚み0.36cmというコンパクトすぎるドリッパー

パッと見ではドリッパーに見えません。

友達がおもむろにこれを取り出したら、「何に使うの?」って必ず聞いてしまうと思います。

ポケットに入れていたらなくしてしまわないか心配になりそうですが、カラビナと合わせて使えばその心配も無用です。

ちなみにカラビナは付属していないとのことなので、好みのものと一緒に使うのが◎。

円錐形のフィルターを使えばOK

「THE MICRODRIPPER」でドリップするためには、円錐形のペーパーフィルターを使えばOK。

クリップみたいに挟むことで3方向から固定する仕組みとなっており、見た目の割に安定感はあるかもしれません。

アウトドア使いにも

洋食器やカトラリーにも使われている18-8ステンレスという材質を採用しており、耐久性・耐食性に優れているだけでなく、サビにも強いという特徴があります。

本体の作りも単純なので、洗うときの手間が少ない&水切れがいいことも嬉しいポイント。アウトドアでもストレスなく使うことができそうですね。

「THE MICRODRIPPER」は、3,520円(税・送料込)からクラウドファンディングサイト・machi-yaにて支援を募集中です。

普段からコーヒーを楽しむ人にとって、よりハンドドリップが身軽になりそうなドリッパーでした。

THE MICRODRIPPER[machi-ya]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking