門岡 明弥

門岡 明弥

11

イソップの店舗に足を運ぶと、店員さんとお話する中でいろいろと買ってしまいます。

今回紹介する香水も、そうして出会ったアイテムのひとつ。

これまでは柔軟剤にこだわったり、好きなフレグランスを服にシュッとしてみたり……ということはありましたが、ちゃんとした香水を買うのは初めてだったんです。

イソップの香水

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」 12,650円(税込)

イソップの「タシット オードパルファム」という香水。

バジル・ゆず・ベチベルが主要成分となっており、キリッとした清涼感の中にほんのり香るゆずが特徴的。

以前紹介したハンドクリームやハンドジェルとかなり近い香りですが、この香水の方がより清涼感のある印象です。

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」 吹きかける

イソップの香水は、全部で4種類あります。

ヒノキを思わせる「ヒュイル オードパルファム」、バラのような華やかさのある「ローズ オードパルファム」。そして、スパイシーで野性的な「マラケッシュ インテンス」に、バジルと柑橘の清涼感が合わさった「タシット オードパルファム」。

テスターで香りを試すまでは、正直どれも似たような香りなのかな?と思っていたのですが、どれも全く異なる特徴を持っていて。

その中でも「タシット」が、いわゆる“イソップの香り”に最も近かったため(※個人的な見解)、そのまま購入したというわけです。

出かける前にワンプッシュ

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」 手首にかける

使い方は至って普通で、出かける前に両腕や首あたりにワンプッシュすればOK。

香りはそこまで強すぎるわけではなく、さりげなく横を通ると香る……くらいの温度感が絶妙です。

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」をつけた手首

店員さんによると、トントンと叩いたり、伸ばしたりしない方が香りが長持ちするとのこと。

付け始めはキリッとしたバジルを思わせる香りですが、時間が経つにつれて柑橘の爽やかさと若干の甘さが顔を出します。

そんなグラデーションも、楽しい。

Aesopのハンドクリーム

「ちなみに、ハンドクリームと合わせて使うともっと長持ちしますよ!」

店員さんが教えてくれました。練り香水みたいなイメージでしょうか。

この季節はハンドクリームも常日頃お世話になっているので、ちょうどいいですね。

持ち運び、ちょっとかさばる

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」とアトマイザーを並べる

ただ、外に持っていくにはちょっと大きいかもしれません。

リュックやトートバッグであれば問題ありませんが、サコッシュくらいのサイズ感だと中々にかさばる。

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」を直でアトマイザーに移す

空気に触れて酸化・劣化してしまうことを防ぐため、イソップの香水瓶は上が開かない作りになっています。

テスターとして友達に試してもらいたいときなど、どうしてもアトマイザーに移し替えたい!というときは、直接プッシュして移し替えましょう。

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」を入れたアトマイザー

ただ、やはり空気に触れてしまうと香りも変わってしまうため、できればアトマイザーを使わずに楽しむのが◎ですが……。

家の中で使っても気分が上がる

Aesop 「タシット オードパルファム 50ml」

家の中でも気分をリフレッシュしたいタイミングで、シュッと一吹き。特に最近は寝る前やお風呂上がりなど、ハンドクリームを使うタイミングで一緒に使うことが多くなりました。

やっぱりイソップ製品なだけあってお値段高めですが、本当に好きな香りが自分の近くにあるだけで気分転換の方法はひとつ増えるんだなぁ、と改めて。

家にいる時間がますます長くなりそうなこれから。“香り”という側面から新しいものを取り入れてみたい人は、ぜひ試してみてくださいね。

タシット オードパルファム[Aesop]

あわせて読みたい:


門岡 明弥

編集・執筆|音楽講師・ピアノ弾き。『オトラボ』という音大生のwebマガジンを運営しています。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking