ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

ギズモード・ジャパンより転載。

よくばり。

携帯電話のイメージが強いMotorola(モトローラ)ですが、実はBluetoothスピーカーも作っているんです。中でも最近登場した「Sonic Sub 500」は、なかなかの欲張り仕様。

マイク内蔵でスマホとペアリングしてハンズフリー通話ができちゃう上に、スマホやイヤホンなどを10W急速ワイヤレス充電することもできる3in1なのです。しかもIPX7の防水仕様の抜かりなさ。

スピーカーはパワフルな5Wで、サブウーファーも内蔵。連続再生時間は15時間で、スマホ1台にスピーカーを2台をペアリングして、ステレオで聞く楽しみ方もできちゃいます。

またモトローラのスマート家電のプラットフォームである「hubble connected」アプリ、およびAmazon Alexa、Google アシスタント、それにSiriにも対応しているので、音声コマンドで操作もできます。これなら、操作すらハンズフリーで完結しますね。

アウトドアでもインドアでも

価格は執筆時、MashableShopにて52.95ドル(約5,450円)となっていました。色は黒、グレー、ブルー、ピンクと4種のカラバリがあり、ソフトな色合いもインテリアに合いそうです。

音楽が楽しめて充電もできるのはアウトドアに向いていますし、ハンズフリー通話はテレワークとも相性バッチリかと思います。あちこち持ち歩きたくなっちゃいますね。

Source: YouTube, motorola, hubble connected, MashableShop via Mashable

text by 岡本玄介

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking