尾田和実

尾田和実

1

あけましておめでとうございます!HAPPY NEW YEAR!!

2021年ルーミーの初投稿は“Auld Lang Syne(蛍の光)”です。

「えっ」と思われるかもしれません。日本では、紅白歌合戦のエンディング曲でお馴染みですが、イギリスを中心とした英語圏では年明けに歌われることも多いのです。

日本の卒業式でも定番となっているこの曲は、 もともとイギリス北部のスコットランド民謡。世界的にはスコットランド語の “Auld Lang Syne” という名前で知られています。英訳すると”Old Long ago” つまり「遠い昔」という意味で、故郷に集まった旧友との再会を祝す歌になっています。


スコットランドのバグパイプでの演奏。スコットランドでは国歌のような扱い。


大自然の中で。

the oldさんの日記から原曲の訳詞を掲載します。スコットランドの詩人、ロバート・バーンズが伝承の歌詞を下敷きにして書き直したものだそうです。

Should auld acquaintance be forgot,

懐かしい友を 忘れるだろうか

And never brought to mind?

二度と 思い出さなくなるだろうか

Should auld acquaintance be forgot,

懐かしい友を 忘れるだろうか

And auld lang syne!

遠いあの日のことまでも!

For auld land syne, my dear,

友よ 遠いあの日のために

For auld lang syne,

遠いあの日のために

We’ll tak a cup of kindness yet,

変わらぬ友情に杯をあげよう

For auld lang syne!

遠いあの日のために

And surely ye’ll be your pint-stowp,

さあ、君はその盃を

And surely I’ll be mine,3
僕はこの盃を

We’ll tak a cup of kindness yet,

変わらぬ友情に杯をあげよう

For auld lang syne!

遠いあの日のために

(Repeat)

We twa hae run about the braes,

丘のふもとを駆け

And pou’d the gowans fine,

ひなぎくを摘んだね

But we’ve wander’d monie a weary fit,

やがて、苦しい旅が始まった

Sin auld lang syne.

遠いあの日から

(Repeat)

We twa hae paidl’d in the burn

小川で遊んだこともある

Frae morning sun till dine,

朝から昼までずっと

But seas between us braid hae roar’d

今では、二人を広い海が隔ててしまった

Sin auld lang syne.

遠いあの日から

(Repeat)

And there’s a hand, my trusty fere!

誠実な友よ この手をとって

And gie’s a hand o’ thine!

そして 君の手を私に

And we’ll tak’ a right gude-willie waught,

心ゆくまで 友情の杯を重ねよう

For auld lang syne.

遠いあの日のために

スコットランドでは、バグパイプの演奏にあわせて、皆が肩を組んで歌っていました。日本版の「蛍の光」も思い出に残る歌詞ですが、こちらも素敵ですね。惜別の歌というより、新しい人生を前向きに生きようとするニュアンスを感じます。

そしてコロナ禍の今だからこそ、胸に響く一節も多くあるように思えます。
みなが「巣ごもり」をはじめた厳しい状況の中でも、つながりだけは今まで以上に感じられています。

というわけで今年もルーミーは、毎日をHAPPYに、おうち生活に彩りを与える情報をみなさんにお届けすることをお約束します。

尾田和実

ルーミー編集長。 ギズモード・ジャパンというメディアの編集長を兼任しております。 元MTV JAPANです。基本は音楽からデジタル、デザインが好き。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking