SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

18

冬のアウトドアは持ち物が多くなりがちなので、調理器具もなるべく軽量かつコンパクトなものがほしい!

そんな望みを叶えてくれる究極の軽量クッカーがありました。

軽い、軽すぎる

EVERNEW チタンマグポット500

EVERNEW「チタンマグポット500」4,620円(税込)

エバニューの「チタンマグポット500」は、蓋を除いた重量がわずか56gしかない驚異の軽量クッカー。

欠品が続いていたのですが、やっと入手することができました。

EVERNEW チタンマグポット500

素材として使われているチタンは、アルミの約6倍の強度があるため薄く加工できるのが特徴。

容量は550ml、カップ麺などのお湯を沸かすのに最適です。

定番マグと比較してみると…

EVERNEW チタンマグポット500

左:チタンマグポット500 右:チタンシングルマグ300

56gがどれだけ軽いのかというと、同じく人気のアイテムスノーピークのチタンシングルマグ300mlと同じ重量なんです。

EVERNEW チタンマグポット500

重ねるとスノーピークのチタンシングルマグ300mlがすっぽり入ってしまうのに、この2つの重量が同じというのはびっくり。

EVERNEW チタンマグポット500

疑り深い僕があらためて計ってみると……、本当にぴったり同じ重量!

EVERNEW チタンマグポット500

軽さの秘密は、この薄さ。

日本で製造されていて、エバニューにしかできない匠の技が使われているのだとか。うーん、惚れ惚れしてしまいます。

ぴったり収まる最軽量セットはこれ

EVERNEW チタンマグポット500

日帰り登山などで定番の食事といえば、カップ麺やアルファ米などお湯で戻すメインの食品と、スープなどの汁物、そして食後のコーヒー。

必要なものは、バーナーとガス缶、コップ2つ、お湯を沸かすポットがあればOK。

EVERNEW チタンマグポット500

バーナーは以前紹介したSOTOのSOD-310、風に強いのでウインドスクリーンが不要という優れもの。

EVERNEW チタンマグポット500

スープと食後のコーヒーを飲むのは、先程登場したスノーピークのチタンシングルマグ300mlと同じく220mlの2つ。

EVERNEW チタンマグポット500

隙間にキッチンペーパーを挟んでおくと、グラつきがなくなります

そして、湯を沸かすポットがチタンマグポット500となるわけですが、全部まるっとこの中に収まってしまうんです

EVERNEW チタンマグポット500

蓋もキッチリ閉まって、最初からセットだったのかな?というぴったりさ。

EVERNEW チタンマグポット500

さすがにガス缶までは中に入りませんでしたが、蓋の溝にガス缶の底がハマり……、

EVERNEW チタンマグポット500

なんと、ガス缶ごと付属のスタッフバッグで包み込むことができました

この細かなギミック、たまりません……。

EVERNEW チタンマグポット500

ちなみに、ガス缶まですべて合わせた総重量でも442gという軽さ。

クッカーとバーナーだけで400gを超えてしまうこともあるので、これは助かります。

軽さだけじゃなく、使いやすさも

EVERNEW チタンマグポット500

冬は夏に比べて持ち物が多くなりがちなので、これからますます出番が多くなりそうな予感。

EVERNEW チタンマグポット500

内側には水の量を量れる計量メモリや、縁には注ぎやすいように丸みがついていて、ポットとしての使い勝手も文句なし。

EVERNEW チタンマグポット500

とにかく軽量かつコンパクトに調理器具一式を持ち運びたい方には、ぜひ使ってほしい逸品です。

チタンマグポット500[EVERNEW]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking