sato

sato

4

大掃除は断捨離のチャンス。とはいえ、必要ではないけどとっておきたいアイテムもありますよね。

私の場合、映画のチラシやパンフレット

本棚の片隅に置かれた彼らに、やっと居場所が見つかりました。

えっ、これ紙なの? レザーみたいな収納BOX

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」 5,800円(税抜)

STACK CONTAINERSは、紙の収納道具を作るブランド。

手軽に買い変えたり、リサイクルするイメージの強い紙ですが、STACK CONTAINERSは永く使うことを前提にした道具の素材として紙を使っています

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

このSTORAGE SERIESのボックスも、紙と聞かなければわからないくらい。

見るからに頑丈で、独特の風合いはまるでレザーBOXのよう。

新品なのにアンティークのような雰囲気が素敵です。

紙なのに経年変化も楽しめる

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

独特の雰囲気は、ひとつひとつ手仕事によるもの。

購入したBROWNは、厚手の紙に柿渋を塗り、水分や汚れを弾くように蝋引きして仕上げています。

もう1色、柿渋と蝋引きの行程の間に墨で色を付けたBLACKの展開もあり。

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

使い続けるうちにつくであろうキズや色あせも、レザーのように経年変化として楽しめそうです。

せっかくとっておくならこんな箱で

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

映画館に行くたびにもらって帰った大量のチラシ(これでもだいぶ減らしました)や、観賞後に購入したパンフレット。

特にチラシに関しては処分しようかと大掃除のたびに思うのですが、映画に関わる人の思いが1枚1枚に込められていると思うと捨てられず……

本棚の片隅にギュギュっと押し込められた状態でした。

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

きっとず〜っととっておくであろうこれらに、ずっと使える紙の道具というコンセプトもしっくりマッチ。

No.4 PAPER THORのサイズは、約W340×D250×H195mm

チラシはたいがい一緒ですが、映画パンフレットはサイズもカタチもさまざま。

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

ザクッと入れてちょうどよく納まりました。

残念なところ:注意は必要

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

とても頑丈なボックスですが、プラスティック素材のボックスなどに比べると取り扱いに多少の注意は必要です。

たとえば日光に直接当たる場所に置くと変色する可能性があったり。

蝋引きのおかげで水気には強くなっていますが、色移りの原因にもなるため濡れたものを置いたりはNG。

キッチンや脱衣所など水気がある場所では使わない方がよさそうですね。

サイズもいろいろ

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

STORAGE SERIESは、ぜんぶで7サイズ

いちばん小さいNo.1 PENは約W250×D95×H65mmで、名前の通りペンなど文房具入れにちょうどいい大きさです。

いくつか積み重ねて置くとより存在感がアップして、かなりかっこいい空間になりそうです。

用途に合わせて買い足したくなりますね。

STACK CONTAINERS 「STORAGE SERIES ボックス No.4 PAPER THOR」

ずっと保管しておきたい大事なものの収納に、ずっと使える紙のボックスはいかがですか?

STACK CONTAINERS STORAGE SERIES ボックス[cotogoto]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking